[sponsord link]

2008年02月18日

イスンヨプが日本野球を変える!

巨人の李(イスンヨプ)がオリンピック韓国代表のキャプテンに要請されました。


アジア新記録の56本のホームラン記録を引っさげて、メジャーリーグに挑戦したものの、獲得する球団がなく渋々千葉ロッテに入団。

ロッテに来た当初は、バレンタイン監督の日替わり打線やインコース高めの速い球のウィークポイントを徹底的に攻められ苦労したが、阪神との日本シリーズできっかけをつかみ3本塁打。

もともと変化球には強かったのでインハイの直球の弱点を克服したことで余裕が生まれ、移籍先の巨人で堂々の4番を任されるほどです。


巨人の4番を打つだけで嫌われる世界で、
私の周りにイスンヨプが嫌いという人はほとんどいません。

メジャーリーグへの夢はまだ持っているはずですが、今の彼は野球人として自分を成長させてくれる舞台の方を優先しているようなところが好感を持てるからでしょう。

一流選手でもないのに日本人選手でメジャー挑戦を口にする多く選手がいますが、そういう日本人選手だったら間違いなく私はイスンヨプを応援します。

日本人選手がメジャー流出する問題の糸口はイスンヨプは見つけてくれたのかもしれませんね。



星野監督率いる日本代表は、昨年のオリンピック予選では辛くも勝利しましたが、韓国代表にイスンヨプがいなかったのも勝因のひとつと言えるでしょうし、強い韓国代表があってのあれだけ興奮した試合になったと思います。

まずはレベルアップした韓国代表にはオリンピック予選を勝ち抜いてもらいましょう。

イスンヨプを加え、さらに強くなった韓国代表とまた、国と国の迫力ある試合が見れるでしょう。


韓国とは今後もアジア同士のいいライバルとして野球レベルを上げていってもらいたいものです。

日本野球と韓国野球の架け橋をイスンヨプがしているのかもしれませんね。

posted by パンチ at 02:46 | Comment(1) | 北京オリンピック情報


sponsord link