[sponsord link]

2008年03月30日

岩田おめでとう!6回好投プロ初勝利

今年の阪神先発陣の光 3年目の岩田稔

1年目から期待され続けた男が開幕2戦目で早くも登場。

開幕2戦目で先発を任されるぐらいですから、首脳陣は今年の岩田はかなり期待してるんですね。


ストレートは140km前後ですが球に力があり、スライダーとカーブの変化球の制球力が良かったですが、
今日は緊張していたせいで球が全体的に高かった気がします。

それでも3回の1死満塁の場面で村田・佐伯の4.5番を三振に抑えたのが大きく羽ばたく片鱗を魅せてくれました。


初勝利も早い段階でできたので気分的にはかなり楽になったことでしょう
次の試合も期待してみたいと思います。


岡田采配も7回からJFK投入か?と思いましたが、
今年は渡辺も絡めてJFKへの負担を軽くするようですね。
タグ:岩田稔

posted by パンチ at 02:31 | Comment(2) | TrackBack(1) | 阪神タイガース

ヤクルト因縁の相手に開幕2連勝!

東京ダービーヤクルト×巨人戦

今日も面白い試合を見せてくれましたね〜


私が今年最も期待する高卒3年目の村中恭兵投手が開幕2戦目で早くも出てきましたが、緊張のせいか1回大乱調で3失点。

今日はダメかな?

と思ったらグライシンガー相手にヤクルト打線がコツコツ反撃をしてきて5回に同点に。


村中も4回までしか投げてませんが2回以降は立ち直り、次に期待できる内容で次回の登板が楽しみです。


昨日のブログで今年のヤクルトがやりそうなのは伝えましたが、
さらに、打撃陣でセカンドの田中浩康と2年目のガイエルがかなりやりそうな予感です。


特に、田中は昨年の開幕は絶不調でまったくヒットを打てないながらも終わってみれば打率.295でセカンドのベストナインを獲得。

今年は昨年とは逆で開幕から絶好調。

覚醒モードでもしかしたら、首位打者獲るんじゃないかと思わせるぐらいの勢いです。



明日はルーキーの加藤が投げるようなので、
明日も巨人に勝って下馬評の低いセ・リーグをかき回して欲しいです。


ただ・・・

五十嵐亮太が肉離れで離脱とは・・・

久々の実戦と開幕戦という雰囲気でがんばりすぎちゃったかな?

ヤクルト浮上には彼の復帰が不可欠ですので、1日でも早い復帰を願います。



・・・

最近はなんだかヤクルトファンみたいです。

posted by パンチ at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008セ・リーグ

2008年03月29日

阪神上々の滑り出しですけど・・・

横浜相手に逆転勝ち!


4回の裏、突如乱れた横浜の開幕投手寺原を責め金本・今岡のタイムリーで逆転。

5回に追加点を奪いそのまま逃げ切り勝ち。


4回の攻撃はさすが金本といったところでしょう。

私が阪神で最も酷評している今岡も打球は怪しかったが続いてくれて、3・4打席もいい感じで球を捕らえていたので、いい気分で1年を迎えられたんじゃないでしょうか?

移籍組みの新井・平野もやってくれそうですし、
鳥谷も昨年よりさらによくなっているように思えました。

打線は間違いなく昨年より上になるでしょう。


ただ・・・


納得いかないのは投手起用です。

安藤の調子も良くなく投球数が5回で100球は超えていたものの、開幕投手として1年間このピッチャー中心にローテーションを回していくと決めているのに5回でお役御免ですか?

終盤からJFKを投入する相変わらずの投手起用にがっかりでした。

今年もまたJFKを酷使する戦いの幕開けです。
タグ:JFK

posted by パンチ at 03:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース

セ・リーグ開幕!ヤクルト強いぞ。

いよいよセ・リーグが開幕しました。


今日の注目ゲームはヤクルト×巨人戦

結果は

ヤクルト6-2巨人

昨年最下位だったヤクルトのエースグライシンガーと主砲ラミレスを巨人に奪われどうなることかと思いましたが、初陣を飾りましたね。


2回にヤクルト石川がラミレスに打たれたのは残念ですが、
ラミレスが抜けた攻撃は積極走塁で今年のヤクルトの野球を垣間見ることができました。

巨人のレフトラミレスへ打球が飛ぶとランナーは浅いあたりでも次のベースを陥れてました。


ヤクルトの投手陣も結構やりそうですね。

昨年、崩壊していた中継ぎ・抑えのポジション
今日は8回韓国から移籍した林昌勇、9回復活した五十嵐亮太が投げました。

林昌勇はかなりやりそうですね。
五十嵐は久々の出番で緊張のせいか球にばらつきはあったものの、球威は相変わらず力強い。
さらに、石井弘寿も今年中に復活予定
頼りっきりだった木田への負担がかなり軽くなるので木田もやってくれるでしょう。

となると、

中継ぎ・抑えはJFKの阪神並みに充実してくることになります。


あとは先発投手陣

私が今年、最も期待する村中に昨年入団した増渕
今年入団した加藤と由規

他にも若手で出てきそうなピッチャーが何人かいるので、
ローテーションは回せていけそうです。


今年のヤクルトは強そうだな〜

posted by パンチ at 02:51 | Comment(2) | TrackBack(1) | 2008セ・リーグ

2008年03月27日

遂に・・・

プロ野球もMLBも開幕し、野球シーズンが盛り上がり見せはじめた矢先、
PL学園高校時代から激動の野球人生が終わりを迎えた選手がいます。


桑田真澄引退!!


私は、このブログで千葉県出身の阪神ファンであるため、関西の高校出身の巨人の選手であった桑田選手はアンチ的な目で見てきました。

90年代の阪神低迷期ではことごとくやられたイメージが今でも残っています。

現レッドソックスの松坂らがあこがれる桑田の野球道

巨人を退団したときから私も桑田に対するシコリが取れ、
その野球道に純粋に共感できるようになりました。


私は野球選手ではないので野球道に対して
「へぇ〜」

と納得するだけで、実際の生活にはまったく参考になっていませんが、
引退記者会見でとある記者が

「桑田選手にとって野球とは?」

と言う質問に対し

「人生を磨く砥石」

と答えた言葉に彼の野球人生いや、人として生きるすばらしい人間だということに気づきました。

野球のためにあらゆることに挑戦し、
野球から得た経験を今後の人生に活かす。

野球に携わっていない私のような人でも共感できる素敵な言葉を残してくれました。


現役生活お疲れ様でした。


野球人というより文化人としての影響があるのかもしれませんね。


これからはどういう道を進むかわかりませんが、桑田真澄という文化人の行動を要チェックしたいと思います。

posted by パンチ at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007ストーブリーグ

2008年03月25日

大隣快投!ロッテ相手に完投勝利

ソフトバンク2-1ロッテ

先日の同郷である大場の好投に浮かれてましたわ〜

http://baseball-japan.seesaa.net/article/90604624.html

ソフトバンク王監督の言うように大場は昨年入団した大隣の刺激になってましたね。

大隣くん失礼しました。


この試合は清水が投げるロッテを応援してました。

6回までは順調にソフトバンク打線を抑えていたんですが、
7回1死からレストビッチへの四球が痛かった〜

ストライクと言ってもらえる判定が2球あったな。


まぁ仕方ないです。

清水は昨年以上の活躍はできるでしょう。


それにしても、ソフトバンク開幕5連勝ですか。

抑えの馬原がいないにもかかわらずどの試合も接戦を勝つところに意味があります。
いいスタートダッシュ決めましたね。

ロッテも明日、一矢報いてもらわないとソフトバンクに独走されてしまいますよ〜


その他の試合

日ハム9-1西武
日ハムは田中賢の2発のホームランで快勝

オリックス5-4楽天
オリックスはカブレラの逆転タイムリーヒットで逆転勝ち。
加藤大は早くも3セーブ目

ソフトバンクとは対照的に楽天はいま勝利がないです。

posted by パンチ at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008パ・リーグ

2008年03月23日

今年も強いソフトバンク!ルーキー大場完封勝利

ソフトバンク4-0楽天


さすが即戦力No1ルーキー
ソフトバンクホークスの大場翔太


初戦からある程度はやると思いましたが、まさか完封勝利とは驚きです。

6・7回ぐらいまで投げてあとは中継ぎ陣に任せるのが最近の流れなんですが、抑えの馬原が不在や楽天の継投の失敗、試合展開だったりで、王監督は思い切って9回まで投げさせましたね。


王監督は大場を抽選で獲得したとき、

「昨年入団した大隣への刺激になる」

とコメントを残していましたが、大隣は残念ながら刺激になるほどまだ同じ土俵にあがってきてません。


2試合連続サヨナラ勝ちにルーキー大場の完封勝ち。

さらに昨年負け越していた嫌な楽天相手に3連勝と勝ちこしてソフトバンクは勢いが出てくるんじゃないでしょうか?


打線で7番の外国人選手と8番レフトがちょっと弱い気がしますが、
小久保と大村が戻ってくれば改善されるので問題ないでしょう。

ただ、小久保と大村が戻ってくる前に昨年ブレイクした本多のような若手が成長するとソフトバンクにとって理想的な球団の底上げになるんじゃないでしょうか。

江川が1番期待されているようですが、気づけばダルビッシュや涌井らと同じ4年目だったんですね。


ソフトバンクは毎年優勝争いしているように若手の育成が上手いので、
江川でなくてもいい若手が出てくるとは思いますよ。


今年もソフトバンクは優勝争いをすることでしょう。

次のカードのロッテ戦が非常に楽しみになってきました。
刺激を受けた大隣は先発してくるのかな?


どこかの解説者はソフトバンクより楽天の順位を上に予想してましたけど・・・

posted by パンチ at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008パ・リーグ

2008年03月22日

阪神の開幕セカンドは平野

今日、テレビ中継で阪神vsレッドソックスの試合を観ました。


開幕投手が予想される阪神先発の安藤の外角の球を3番オルティスがレフトへホームラン

日本人バッターなら絶対にホームランにならない難しい球だったのに!!


メジャーの一流打者はやっぱり凄いな〜
と改めて感心してしまいました。


セ・リーグも開幕も直前に控え阪神のオーダーも固まってきました。

1番センター赤星
2番セカンド平野
3番ファースト新井
4番レフト金本
5番サード今岡
6番ショート鳥谷
7番ライトフォード
8番キャッチャー矢野
9番ピッチャー


どうやら関本・藤本を抑え2番に平野が入りそうです。

選手を変えたがらない岡田監督はよく平野を選びましたね。


セカンド守備は誰が入っても大丈夫でしょうから、
攻撃と走塁を考えると平野になってしまうでしょうね〜

・2番打者として粘ってつなげるバッティング
・赤星までとはいかないまでも足が速い


なんといっても一生懸命ガッツあるプレーがこの選手の最大の魅力ではないでしょうか?

打線が沈黙しているときに他の選手を奮い立たせるハッスルプレーで打線を盛り上げる効果がありそうです。


ただ、移籍してきたばかりなので、他の選手への影響をどれだけ与えることができるか。
阪神はプレーを表に出さない選手が多く、そういった選手達が平野のプレーを見て傍観者的に見てしまうのではないか?というのが心配です。


特に今岡です。

ポイントゲッターの今岡がよくないと阪神の優勝はないぐらい大きなウェイトを占めている今岡への影響を平野のプレーで感じさせることができればと思います。

平野のチームへの浸透が今年の阪神のポイントでしょうね。


とりあえず開幕してから今岡問題は論じましょう。

posted by パンチ at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース

楽天またかよ・・・ドミンゴ

パ・リーグ開幕カード第2戦ソフトバンク×楽天


楽天リードの4-3で迎えた9回裏ソフトバンクの攻撃

おとといリリーフを失敗したドミンゴが2死3塁の場面出てきて
ソフトバンク松田に同点打をあっさり打たれてまたもリリーフ失敗

日本中からため息の漏れる展開


結局、ソフトバンクが11回に本間のサヨナラヒットでソフトバンク開幕2連勝。
昨年、苦手だった楽天戦もこの2勝で苦手意識はなくなったんじゃないでしょうか?

小久保の穴をしっかりと埋めている3年目の松田宣浩
今年はやりそうですね〜


逆に楽天は2連敗

楽天は2試合とも勝っていた展開だけにリズムを崩れていきそうで心配です。

野村監督はこれでドミンゴを抑えには使わないでしょうね〜


ただ、2年目のマー君こと田中は「2年目のジンクス」を感じさせず、
今年も活躍してくれることでしょう。



試合結果

ソフトバンク5-4楽天
日ハム2-3ロッテ
西武6-0オリックス

posted by パンチ at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008パ・リーグ

2008年03月20日

ソフトバンク・オリックスが接戦を制す。

ソフトバンク4-3楽天

楽天はエース岩隈の7回までの好投。
杉内から3点を奪う。
8回を小刻みな投手リレーで守り抜く


楽天にとっては理想的な展開

しかし・・・

決して長距離打者ではない柴原にサヨナラ3ラン!

抑えのドミンゴがすべてを台無しにしてしまいました。


楽天ファンでなくても岩隈が復活して好投したので
どうしても勝たせてあげたかった試合でした。

この敗戦はチームにとってショックは大きいでしょうね〜



もう1試合

西武1-2オリックス

西武打線が弱いにしても、
4年目の金子が好投し開幕戦を勝利しました。


オリックスの開幕投手の金子は前評判が非常に高い投手です。


抑えの加藤はしっかりやってくれそうですし、
あの強力打線があるので、そこそこ抑えればかなり勝てるんじゃないでしょうか?


楽天の岩隈同様、西武は涌井に勝たせてあげたかったのは非常に残念です。

posted by パンチ at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008パ・リーグ

ダルビッシュ完封!小林は・・・

パ・リーグ開幕カード
北海道日本ハムファイターズ×千葉ロッテマリーンズ

日ハム1-0ロッテ

さすがダルビッシュ!

ロッテ打線を4安打完封勝利


5回、6回と危ない場面はあったものの7回からの終盤はひとりもランナー出すことなく試合終了。

ロッテ先発の小林宏はダルビッシュよりリズムよく5回までを投げていましたが、


ポイントは6回の攻防、ロッテの攻撃・・・

先頭の早川がサード線を破る長打コースがサードベースに当たるアンラッキーなヒットに。
続く福浦が送って1死2塁。
サブローのときに早川が盗塁を試み失敗
2死ランナーなしでサブローがスタンドインするはずのファールボールが天井のポールにあたりグランド内に落ちファールフライ


嫌な予感はすぐに次の回の日ハム攻撃に・・・

1死2塁の場面でバッター森本のラッキーな内野安打
続く田中賢の初球にデッドボール
1死満塁で願ってもないバッターの稲葉
稲葉を簡単に2ストライクとったあとの3球目134kmのストレートが外れ・・・


134kmのストレート?

小林宏にはありえない明らかに遅い半速球の球を投げたあと小林宏の右足に異変が・・・

そのあとベンチに戻り治療を受けたものの、ピッチャー交代「小宮山」

小宮山は稲葉のゲッツー崩れで1点を失いました。


結局、両チームあわせてもこの1点で試合が決まってしまいました。

ロッテは守備中に福浦も小谷野と交錯し途中交代という場面が。

チームの中心選手である小林宏と福浦
ロッテにとってはあまりにも代償の大きな試合になってしまいました。


見た感じどちらも大きな怪我ではなく思えるのですが・・・



日ハムは監督が変わっても僅差をものにする試合運びをしそうです。

やっぱダルビッシュの存在は偉大ですね〜

CSや日本シリーズに行ったとき、必ず1つ勝てる絶対的なピッチャーですから。


あとは弱い打線をどうするか?

中田の出番はそう遠くないはずです。

posted by パンチ at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008パ・リーグ

2008年03月19日

パ・リーグ開幕!順位予想

明日、セ・リーグよりひと足早くパ・リーグのペナントレースが開幕します。

プロ野球の開幕は年々早くなっており、今年は春のセンバツ高校野球の開幕よりペナントレースの開幕の方が早いという不思議な現象になっています。

甲子園球場のリニューアルでセンバツ大会が遅れたこともひとつですが・・・


今年のパ・リーグは各チーム戦力が変わって予想しづらいですね〜

かえって面白味が増えるので楽しみではあります。


私の予想は・・・

1位ロッテ
2位ソフトバンク
3位日ハム
4位オリックス
5位西武
6位楽天


先日のブログで書いたように【ロッテ】は先発投手の質が圧倒的に違います。
それに加えて昨シーズンリーグトップだった得点力。

唯一不安材料である「YFK」の長年支え続けてきた中継ぎ陣がそろっていなくなりましたが、逆に若返りができてよかったと私は感じています。

本来は先発投手が軸でなくてはならない投手の起用方法。
若手の中継ぎ陣を強力な先発投手陣が支えてくれることでしょう。


【ソフトバンク】は斉藤・和田の看板先発投手に抑えの馬原が出遅れ。
さらに小久保・大村も故障と主力級がここまででるとかなり苦しいです。

しかし、ソフトバンクは勝ち方を知っているチームなので、Bクラスに落ちることはないでしょう。


気になるのが【日ハム】です。

監督も変わり、ただでさえ打線が弱いのに、昨年までしっかり4番を打っていたセギノールが退団、期待の中田も2軍落ちと打線に光がありません。

日ハムの野手は打線より守備力が高い選手が多いので、今年も1点を投手陣を中心とする守り勝つ野球をするでしょう。

このチームはダルビッシュ次第でしょう。


台風の目となりそうなのが【オリックス】です。

ラロッカ・ローズ・カブレラ・浜中・北川・古木・清原と破壊力抜群の打線。

誰がどこを守るかわからないし、
投手陣も数が足りなそうですし、

打線で勝ってやろうという日ハムと正反対のチームカラーで今年は戦います。

試合を観にいきたいと思える魅力あるチームです。


カブレラ・和田の抜けた【西武】は若手の底上げが必須。

ヤクルトから石井が来たので、
涌井・西口・岸と計算できる先発の駒は足りているし、

中継ぎ・抑えの部分で中日から岡本を獲ったので、悲観する戦力ではないと思います。


最後に【楽天】

岩隈が戻ってきて、前半戦は絶望ながらルーキーの長谷部も計算に入る。
投手陣の駒は揃ってきて明るい話題が多いんですが、

確変した主砲の山崎武が昨年ほど打つとは到底思えません。

一場ってどうなったんだろ?



ロッテが首位を独走ってことはないでしょうし、
楽天が低空飛行を続けることもないでしょう。


今年のパ・リーグは1試合1試合、目が離せませんね。

posted by パンチ at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008パ・リーグ

2008年03月17日

唐川好投!1回を無安打2三振

高卒BIG3のひとりロッテの唐川侑己投手が横浜とのオープン戦に先発。

1回だけでしたが、結果は仁志と石井琢のベテランを2三振という好投。


BIG3の中でこれまで話題が薄かったのですが、唐川の話題がこんなに早く出てくるのはうれしいことです。


そもそもまだ高校生

中田の長打力と由規の球速と他の二人の個性がありすぎなんですよ。


ゆったりとしたフォームから

ゆったりと腕を振る

しかし、球は速い!


これぞ唐川の真骨頂。

これが唐川の長所ではありますが、短所でもあるのです。

ランナーをいるときには投球動作を早くしなければいけないので、
セットポジションでの投球に課題が残ります。


開幕を直前に控えたこの時期に先発で起用されながら1回で降板したところをみると、恐らく今日は開幕1軍のテストではなくバレンタイン監督が直接見てみたかったんでしょう。

今日の起用法で唐川を先発で起用していくでしょう。


それにしても・・・

今日NHKのスポーツニュースで伊東前西武監督がロッテを1位に予想していましたが、その要因が投手陣

小林宏
成瀬
清水
久保
渡辺俊
小野

ロッテの先発投手は凄いな〜
二桁勝てそうな選手がゴロゴロいるじゃないですか。

この選手層じゃ唐川もそうですが昨年入った大嶺もなかなかチャンスが回ってこないですわ。。。


ま、唐川・大嶺の出番はのんびりと待つとしましょう。


東武の広告
※画像は船橋駅で撮った東武の広告です。

posted by パンチ at 00:38 | Comment(0) | 2007ドラフト選手

2008年03月14日

高卒ルーキー急がば回れ〜自信=活躍〜

開幕を控え各チーム開幕1軍へのふるい落としのピークが今です。


そんな中・・・


北海道日本ハムファイターズの中田翔選手
東京ヤクルトスワローズの由規投手

残念ながら高卒期待のルーキー二人が揃って2軍へ降格に。


2人の力はすでに1軍でも十分活躍できる力を持っていると信じています。


昨年の楽天田中将大も4月18日のソフトバンク戦で無死満塁のピンチから後続を抑えてプロでやれる自信がついたと言うように、きっかけがあればすぐにでも上がってくることができるでしょう。

ただ、それは自分の力で打ったり抑えたりで掴むものなので2人にはがんばって下さいというエールしかできません。


自信を失いかけてた中田はファームの試合で久々の一発を放ったことで、2軍レベルでは問題ないことを証明したので、もう一度自信をつけてはやいうちに1軍へ戻ってきて欲しいものです。



中田と何かと比較される清原の1年目は

打率.304
ホームラン31本
打点78

やっぱ凄かったんですね〜

20年以上経つのにいまだ現役ですから、タイトルは獲ってませんが第一線で活躍しているのは凄いことですね。


現ヤンキースの松井秀喜も開幕してから1ヵ月程経った時期にデビューしましたからね。

あせらずやりましょう。


お互い、出番のチャンスが少ないチームではないので、プロでやれる自信が出てくれば間違いなく活躍できることでしょう。

posted by パンチ at 01:10 | Comment(0) | 2007ドラフト選手

2008年03月13日

小林宏で開幕ダッシュ!

千葉ロッテマリーンズの小林宏が3月20日からはじまるペナントレースの開幕投手に決定です。


ロッテは小林宏で開幕ダッシュを狙います。ranking

地元ロッテの話題を書いたことがあまりなかったっけ。


開幕投手というのは各球団この1年間はこのピッチャー中心にローテーションを作るという、重要な大役です。

ロッテの開幕投手といえば前年まで清水直行が務めていましたが、調整の遅れと昨年の結果から、今年は渡辺俊・成瀬・小林宏の3投手で争っていました。

成瀬は去年の実績だけだし、渡辺俊の変則投球は相手のリズムを変える2戦目の方が効果があるのでここ数年、安定した投球をずっと見せている右の本格派の小林宏が順当でしょうね。


ローテーションを回すとなると、

開幕カードの日ハム戦は
小林宏→渡辺俊→小野

次のソフトバンク戦は
清水直→成瀬→久保

こんな感じになるのではないでしょうか?


唐川や大嶺が出てくるにはまだ厳しいか・・・

他にも柳田とか内など面白そうな投手はいるんですけどね〜



YFKがいなくなった中継ぎ抑えの問題は、
恐らく最初は今年入団してきたアブレイユを抑えになるでしょう。

YFが担っていた勝利の方程式の中継ぎ部分は神田、シコースキーあたりで埋めていくのかな?

それともバレンタイン監督の隠しだまがあるんでしょうか?

化けるピッチャーが出てきそうですね。


打線も充実してますし、今年のロッテも優勝争いしてくれることでしょう。

posted by パンチ at 20:29 | Comment(0) | 2008キャンプ&オープン戦

2008年03月10日

ルーキー達のほろ苦いプロの洗礼

プロ野球開幕まで残りわずか。

カウントダウンが始まっている中、オープン戦でも主力級が出てきています。


中日川上、ロッテ渡辺俊介、巨人グライシンガーなどは実績どおりの快投を魅せていますが、期待のルーキーのソフトバンク大場、ヤクルト加藤はプロの洗礼を浴びてしまいました。


打者も主力級が出てきて、開幕に向けて徐々に調子を上げてきているので、キャンプやオープン戦当初のように上手くいかないと感じていることでしょう。

大場は5回2アウトからの3連続四球、
加藤は「あれがホームランになるのか!」というプロの長打力を痛感

と昨日の試合で問題点がはっきりしているので恐らく大丈夫でしょう。


問題は日ハムの中田です。


報道陣に対して白旗宣言をしてしまって戦意喪失といった状態。

先輩ダルビッシュが言う「素質があるんだからそのままやれば問題ない」

ということをキャンプ入る前からずーっと報道陣に囲まれ続け、自分の感覚を見失っているような気がしてなりません。

この状態なら私も2軍へ行って一からやり直したほうがいいと思います。


中田はまだ18歳

将来がある選手なので周りの声に左右されないで、じっくり育ててもいいんじゃないでしょうか?

posted by パンチ at 14:20 | Comment(0) | 2008キャンプ&オープン戦

2008年03月09日

楽天期待の星、長谷部が前半戦絶望!

よもやのアクシデント! ranking


楽天イーグルスの期待のルーキー長谷部康平
私が賞賛したロッテ戦で左ひざ半月板損傷。


思いのほか重傷らしく、手術をした場合は前半戦絶望のようです。
その場合はもちろんオリンピックも出場できません。


練習のやりすぎや試合中での予期せぬ動きにトレーニングしていなかったところに故障が発生してしまう。

プロ野球選手にはよくある話ですが、長谷部はピッチング同様、こういった故障を未然に防ぐ調整もできるクレバーな選手と思っていました。


考えてみると長谷部は・・・

新人らしからぬマイペースで落ち着いてキャンプを過ごしていたように思えたんですが、線が細い選手だったんですね。

1年目ということでどこかで負担をかけてしまっていたんでしょうか?


とにかく素質がある選手です。

球団も本人も入団前から主力として意識していましたが、楽天というチーム事情で、あせって強行的に試合に出ることなくきちんと故障箇所を治してから試合に出てくることを願うばかりです。


その辺は野村監督なので大丈夫でしょう。

posted by パンチ at 15:19 | Comment(0) | 2008キャンプ&オープン戦

2008年03月04日

ダメ虎への危機フォード

久々に阪神の話題を、

阪神の新外国人フォード。
1億5000万で鳴り物入りで入団したものの、パッとした動きが見られませんね。

おかげでランキングもガタ落ちですわ(汗


キャンプ中、CS放送の猛虎キャンプリポートを毎日観ていましたが、右ひざの違和感で練習もろくにやらない。

バッティングフォームはオリックスのラロッカに近いんですが、ラロッカみたいに我慢強く体重を残せないしなぁ。。。


私の評価は活躍できないと判断します!


助っ人のVIP枠で開幕スタメンはほぼ確実と言われていますが、新井・金本・今岡とクリーンアップがほぼ決まっている阪神打線に期待できない外国人は必要なんでしょうか?

桜井とか葛城を出した方がファンは納得するでしょう。

巨人のように球団が高いお金を払って獲得した使えない選手を出すことで、下から這い上がろうとしてくる他の選手が腐らないことを祈ります。


私が気になるのは2005年に優勝してから年々戦力が落ちているように思えることです。


投手陣では中継ぎ・抑えは今年も安泰ですが、井川が抜けた先発の穴を埋められないままだし、打者では金本・今岡・赤星に頼らざるを得ない状況。

赤星も気づいたら31歳だったんですね。

今年は新井が加入したので、戦力が落ちずに済みますが。。。


阪神が毎年、上位をキープするためには鳥谷・桜井がキーマンなのは周知の通り。

使えなさそうなフォードを使うより、桜井を使っていきましょう!


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

大和、野中、高浜とU-20の若手が順調に伸びてきてくれることを期待してます。

posted by パンチ at 21:25 | Comment(0) | 阪神タイガース

2008年03月03日

長谷部と大場で一騎打ち

大学・社会人ドラフト1巡目の楽天の長谷部が3種類のチェンジアップを効果的に操り、ロッテ打線を5回1安打ピッチング。


長谷部はかなりやりそうですね〜


私の中では左の中継ぎとして起用されると思ってましたが、私の予想を超えるスケールがありそうです。
さすが北京オリンピック予選に選ばれただけあります。


ストレートでビシビシおしてくるタイプではなさそうなので、恐らくコントロールがいいんでしょう。


今年の楽天は面白いんじゃないでしょうか?

岩隈、田中、長谷部、一場、朝井、有銘、永井、外国人投手と先発投手の駒が揃っているのはもちろん、

抑えは現在、青山と小山で争っているようですが、力のある球を持っているにも関わらず、精神的に弱かった小山は昨年19セーブと自信をつけた可能性があるので、恐らく抑えは小山で確定でしょう。

先発、抑えがしっかりしてきたので、投手陣は安泰でしょう。

長谷部はその中でもしっかり自分のポジションを確保できると思いますし、新人王レースはソフトバンク大場と一騎打ちになりそうです。


私が今年楽天で期待するのは3年目の片山博視なんですが・・・

報徳学園から高校生ドラフト1巡目で190cmを超える長身から投げ下ろすサウスポーで、将来のエース候補といわれていたが、入団以来さっぱり話題に上がらないので心配です。


片山に限らず、この年の高校生ドラフト選手はどうしちゃったんでしょう?

巨人の辻内・中日の平田(大阪桐蔭)、横浜の山口(柳ヶ浦)、ヤクルトの村中(東海大甲府)、ロッテの柳田(青森山田)、西武の銀仁朗(平安)、日ハムの陽(福岡第一)

みんな注目度はみんな高かったんですが、野手の中日の平田と日ハムの陽はそこそこ試合にでるようになりこれから活躍していきそうです。
また、ヤクルトの村中も今年手薄になったヤクルト投手陣の期待を受けて出てくることでしょう。

高校No1投手の辻内は・・・

やっぱり巨人で試合に出るのはかなり厳しそうですね。

あの時、間違ってオリックスへ入団していれば・・・

posted by パンチ at 17:58 | Comment(0) | 2008キャンプ&オープン戦


sponsord link