[sponsord link]

2008年03月03日

長谷部と大場で一騎打ち

大学・社会人ドラフト1巡目の楽天の長谷部が3種類のチェンジアップを効果的に操り、ロッテ打線を5回1安打ピッチング。


長谷部はかなりやりそうですね〜


私の中では左の中継ぎとして起用されると思ってましたが、私の予想を超えるスケールがありそうです。
さすが北京オリンピック予選に選ばれただけあります。


ストレートでビシビシおしてくるタイプではなさそうなので、恐らくコントロールがいいんでしょう。


今年の楽天は面白いんじゃないでしょうか?

岩隈、田中、長谷部、一場、朝井、有銘、永井、外国人投手と先発投手の駒が揃っているのはもちろん、

抑えは現在、青山と小山で争っているようですが、力のある球を持っているにも関わらず、精神的に弱かった小山は昨年19セーブと自信をつけた可能性があるので、恐らく抑えは小山で確定でしょう。

先発、抑えがしっかりしてきたので、投手陣は安泰でしょう。

長谷部はその中でもしっかり自分のポジションを確保できると思いますし、新人王レースはソフトバンク大場と一騎打ちになりそうです。


私が今年楽天で期待するのは3年目の片山博視なんですが・・・

報徳学園から高校生ドラフト1巡目で190cmを超える長身から投げ下ろすサウスポーで、将来のエース候補といわれていたが、入団以来さっぱり話題に上がらないので心配です。


片山に限らず、この年の高校生ドラフト選手はどうしちゃったんでしょう?

巨人の辻内・中日の平田(大阪桐蔭)、横浜の山口(柳ヶ浦)、ヤクルトの村中(東海大甲府)、ロッテの柳田(青森山田)、西武の銀仁朗(平安)、日ハムの陽(福岡第一)

みんな注目度はみんな高かったんですが、野手の中日の平田と日ハムの陽はそこそこ試合にでるようになりこれから活躍していきそうです。
また、ヤクルトの村中も今年手薄になったヤクルト投手陣の期待を受けて出てくることでしょう。

高校No1投手の辻内は・・・

やっぱり巨人で試合に出るのはかなり厳しそうですね。

あの時、間違ってオリックスへ入団していれば・・・

posted by パンチ at 17:58 | Comment(0) | 2008キャンプ&オープン戦


sponsord link