[sponsord link]

2008年03月20日

ソフトバンク・オリックスが接戦を制す。

ソフトバンク4-3楽天

楽天はエース岩隈の7回までの好投。
杉内から3点を奪う。
8回を小刻みな投手リレーで守り抜く


楽天にとっては理想的な展開

しかし・・・

決して長距離打者ではない柴原にサヨナラ3ラン!

抑えのドミンゴがすべてを台無しにしてしまいました。


楽天ファンでなくても岩隈が復活して好投したので
どうしても勝たせてあげたかった試合でした。

この敗戦はチームにとってショックは大きいでしょうね〜



もう1試合

西武1-2オリックス

西武打線が弱いにしても、
4年目の金子が好投し開幕戦を勝利しました。


オリックスの開幕投手の金子は前評判が非常に高い投手です。


抑えの加藤はしっかりやってくれそうですし、
あの強力打線があるので、そこそこ抑えればかなり勝てるんじゃないでしょうか?


楽天の岩隈同様、西武は涌井に勝たせてあげたかったのは非常に残念です。

posted by パンチ at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008パ・リーグ

ダルビッシュ完封!小林は・・・

パ・リーグ開幕カード
北海道日本ハムファイターズ×千葉ロッテマリーンズ

日ハム1-0ロッテ

さすがダルビッシュ!

ロッテ打線を4安打完封勝利


5回、6回と危ない場面はあったものの7回からの終盤はひとりもランナー出すことなく試合終了。

ロッテ先発の小林宏はダルビッシュよりリズムよく5回までを投げていましたが、


ポイントは6回の攻防、ロッテの攻撃・・・

先頭の早川がサード線を破る長打コースがサードベースに当たるアンラッキーなヒットに。
続く福浦が送って1死2塁。
サブローのときに早川が盗塁を試み失敗
2死ランナーなしでサブローがスタンドインするはずのファールボールが天井のポールにあたりグランド内に落ちファールフライ


嫌な予感はすぐに次の回の日ハム攻撃に・・・

1死2塁の場面でバッター森本のラッキーな内野安打
続く田中賢の初球にデッドボール
1死満塁で願ってもないバッターの稲葉
稲葉を簡単に2ストライクとったあとの3球目134kmのストレートが外れ・・・


134kmのストレート?

小林宏にはありえない明らかに遅い半速球の球を投げたあと小林宏の右足に異変が・・・

そのあとベンチに戻り治療を受けたものの、ピッチャー交代「小宮山」

小宮山は稲葉のゲッツー崩れで1点を失いました。


結局、両チームあわせてもこの1点で試合が決まってしまいました。

ロッテは守備中に福浦も小谷野と交錯し途中交代という場面が。

チームの中心選手である小林宏と福浦
ロッテにとってはあまりにも代償の大きな試合になってしまいました。


見た感じどちらも大きな怪我ではなく思えるのですが・・・



日ハムは監督が変わっても僅差をものにする試合運びをしそうです。

やっぱダルビッシュの存在は偉大ですね〜

CSや日本シリーズに行ったとき、必ず1つ勝てる絶対的なピッチャーですから。


あとは弱い打線をどうするか?

中田の出番はそう遠くないはずです。

posted by パンチ at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008パ・リーグ


sponsord link