[sponsord link]

2008年04月29日

自滅で完敗

阪神の先発アッチソン

ここまで安定した投球を見せてくれていましたが、
1回先頭の青木を四球に出して盗塁→2番川島が送りバント→3番田中のタイムリーヒットでヤクルトにあっさり先制点
3回は平野のエラーで出たランナーを気にするあまりパスボールとワイルドピッチで点をとられる。
4回は福地にヒット→盗塁後、福川にあっさりタイムリーヒットを許し追加点。

完全に悪循環な試合展開
加えてヤクルト先発石川の出来がすばらしく、勝ちようのない試合でした。


ヤクルトは打順を1番青木3番田中と打順を入れ替えて、
借金生活に入ってしまったヤクルトにも意地があったんでしょう。

今日は完敗ですね。


アッチソンはコントロールはいいが、球速がないからヤクルト打線のようにコツコツ後ろへつないでくる相手には弱いんですよね。
さらに、投球モーションも大きく機動力を使うヤクルト相手には苦しいでしょう。


それにしても阪神は左投手に弱いですね。

あいかわらず5番フォードをスタメンに起用し、
試合が始まる前から阪神ファンをがっかりさせる頑固采配

フォードじゃ外野にもボールが飛ばないよ。

加えて、右の代打は今岡・浅井しかいないし・・・

もう桜井出していこうよ。



中日負けないなぁ。。。



今日の鳥谷
4打数2安打 .344
初回の満塁の場面で打って欲しかったな〜
鳥谷はフォードがまさか出塁するとは思わなかったのかな?
最終打席でヤクルトの守護神林昌勇からヒットを打ったのはこれからの戦いで優位に立てるので大きかったです。


posted by パンチ at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース

2008年04月28日

急募!右打者歓迎阪神タイガースの5番打者

年齢:18〜40歳程度
ポジション:サードもしくはライト
勤務地:主に兵庫県西宮市※出張あり

詳細は阪神タイガース公式サイト


年に1度あるかないかの試合でした!
2-3巨人リードの最終回で守護神クルーンからまさかの逆転勝利!!


先発の杉山はそこそこ抑えていたものの、中盤になって四球でピンチをつくり球が抜けたところをラミレスに痛打され、次の回も踏ん張れずに失点。(通称:藪病が今は杉山に取り付いてますね。)
8回の攻撃で代打今岡のタイムリーで1点返してさらに1死1,3塁の同点に追いつく場面でフォードが併殺打を打ったときに今日は完全に終わったと思いました。

左投手から前進守備での併殺打。
もはやフォードの2軍行きは満場一致で決定でしょう。

方やタイムリーを打ってくれた今岡。
サードのポジションは今日2安打に送りバントと活躍してくれた関本で問題なさそうなので阪神が欲していた右の代打として使えそうなのでしばらくは代打でいくんじゃないですかね。

今岡とフォード

阪神ファンの今までのしこりがこの試合で出てきてスッキリしましたね。


残るは5番バッターか。。。

今考えられる5番起用の可能性は・・・

◎相手の先発が左ピッチャーでも葛城を使う
○今日チャンスで打った今岡を戻す
△ファームから桜井orバルディリスを昇格させる
△6番鳥谷の打順を変えたくないので関本をつなぎの5番として起用
×左ピッチャーのときはフォードを使う



今日の鳥谷
3打数1安打 打率.337
なんといっても9回クルーンから三遊間へクリーンヒットで相手のリズムを崩してくれたのがすばらしかった。
難しい内海からもヒットは出てなかったが、いい感じで打っていたし調子は悪くないようですね。
タグ:フォード

posted by パンチ at 03:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース

2008年04月27日

次世代のエース岩田完投勝利!

阪神好調の先発投手陣にあってひときわ光を放ち続ける岩田投手


いいっすね〜

今日の完投でさらに自信がついたことでしょう。


対する巨人の先発上原は今年の調子がいまひとつ。

4連勝と勢いに乗って先制点までもらっておきながら、逆転負けでチームの足を完全に引っ張ってますからね。
巨人にとっては痛い負けだったことでしょう。

昨日の同系の木佐貫よりは球の力がないので阪神打線が下降気味とはいえ、ある程度点を獲ってくれるだろうと信じていました。


昨日チャンスに打てなかった葛城も3打点と活躍してくれました。

ヒーローインタビューで昨日は悔しくて眠れなかったそうです。
こういう一生懸命の選手が活躍してくれるとうれしいですね。


気がかりだった平野もタイムリーを打ってくれました。

インコースは強いんですが、アウトコースに決められるとあっさり三振してしまい、最近は相手に研究されてアウトコースを攻められるケースが多くて苦しんでいますが、慣れてくれば大丈夫でしょう。


明日(今日)の先発ローテーションでは杉山ですが、能見じゃないかな?
と密かに思っています。

巨人は内海が予想されています。
となると葛城が使えないか。。。

勢いは阪神にあるので、きっちり勝って勝ち越し決めて欲しいです。



今日の鳥谷
3打数2安打1四球 .337
最後の打席は打てると思ったんですが、敬遠気味の四球で残念でした。
とりあえず.333は上回ってくれてよかったです。

posted by パンチ at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(3) | 阪神タイガース

2008年04月26日

燃え尽き症候群で敗戦

今年初の甲子園での巨人戦
阪神ペースの接戦に持ち込むも敗戦


今日は巨人のピッチャーがよかった。

阪神は木佐貫に早くも2敗目を食らってしまいました。

木佐貫ってこんなによかったかな?
と思うほど、いいピッチングしてましたね。

4回に逆転できなかったことが敗因でしょうか?


不調の今岡・フォードはスタメン落ちで、
5番ライト葛城、8番サードは今季初スタメンの坂

坂は4回に1打点を記録したものの守備ではミスが痛かったですね。

葛城もチャンスに2度凡退。
これも3番新井が不調だったせいで金本の敬遠でリズムを狂わされ葛城にしわ寄せがくる苦しいところでした。

葛城に1本出ていれば有利に試合を運んでいけたんですが、
葛城も坂も選手も常にスタメンで出ている選手ではないのでこの結果は仕方ないところです。

新井の調子も悪かったですが、昨日23時まで試合していたらそりゃ疲れますよ。


とりあえず、これからも阪神打線は5番と8番、守備ではサードが課題でしょうね。

個人的にはバルディリスを見てみたいところですが・・・


安藤も自打球当てたりして調子が悪そうでしたが、7回まで3点でがんばってくれたおかげで前日に使った中継ぎを休ませることができました。

負けた展開だったので阿部、能見を出すことができ、能見が今後も使えそうな活躍をしてくれたのが今日の収穫でした。


疑問に思ったのが、開幕から筒井がベンチ入りしてますが、どのタイミングで出すんでしょう?


引きずらない負けでしょうから気を取り直して明日の岩田くんにビシッと
巨人打線を抑えてもらいましょう。

打線が気がかりではありますが・・・



4月25日の鳥谷
3打数1安打1四球 打率.325
内野安打で1本ヒットがでました。
最終打席のクルーンからの三振はしかたないですね。

posted by パンチ at 01:13 | Comment(2) | TrackBack(1) | 阪神タイガース

2008年04月25日

痛み分けのドローお疲れさまでした

開幕から8カード連続の勝ち越し
藤川の12連続セーブなど記録のかかった因縁の中日との第3戦

阪神ナインはこのような記録でマスコミが騒ぐほど意識はしていないでしょうが・・・


本日帰宅後、テレビをつけて(今日はBSで阪神×中日やってた!!)
4回に渡辺が登板していたので「渡辺先発?」
かと思っていたんですが、福原の故障での登板だったんですね。

中日の先発山井予想でしたが左のチェン。
まぁ阪神打線は左の強打者が多いので左ピッチャーはいいんでしょうが・・・

そのチェンから序盤で2点を奪い、2-0で勝っていましたが福原の故障降板で少しずつ歯車が狂っていましたね。


6回の鳥谷からはじまる攻撃でランナーがひとり出れば、すでに4・5回と2回投げているピッチャー渡辺に打順が回り投手交代をリズムよくできたが、この試合唯一の3者凡退で渡辺に打順が回らなかったこと。
6回裏中日の攻撃で李炳圭を打ち取ったにもかかわらず、グラブをはじいてヒットになったこと。
ウッズの鋭い打球をサード今岡がゲッツーを焦り(?)ヒットで1,3塁になったこと。

これは中日に流れが来ているな〜
と思いましたが、中村紀に2塁打を打たれたものの中日の1塁ランナー和田がホームに突っ込んでこなかったことと、2死満塁で代打立波の調子がいまひとつだったことで同点どまりで済みました。


結局、どちらもチャンスは作るが決め手がなく延長12回の引き分け

試合が終わったのは23時過ぎ。

阪神×中日戦はどちらに転ぶかわからないドキドキの試合展開が多く、熱狂できるのでプロ野球って面白いな〜と改めて感じます。
(正直、中日だけには負けて欲しくありませんが・・・)

明日の巨人戦は野手はもちろん中継ぎの渡辺3回、江草2回、久保田4回投げさせてましたから先発の安藤に長いイニングがんばってもらうしかないですね。



阪神打線、下降線ですね〜

どの選手もそこそこ打っているんですが、チャンスで下位打線に回ってくる悪循環。

もう、フォード不要です!

最悪なのが4回無死2塁の場面で自分勝手な3塁ゴロ
2軍で活躍しているバルディリスがサードを守れるので、穴を埋めるにはちょうどいい選手ですよ。

今日のMVPは久保田ですね。

福原はちょっと心配ですが、とりあえず巨人3連戦のために福原を落として橋本健あたりの中継ぎをあげるんじゃないでしょうか?



4月18日の鳥谷
5打数2安打1四球 打率.325
少し打率があがりましたね。
9回と11回のチャンスで1本欲しかったな〜
終盤で打つイメージがあまりない気が・・・

気づいたらヤクルト青木が首位打者でした。

posted by パンチ at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース

2008年04月24日

ひと足お先に唐川デビュー

私は阪神ファンですが、地元ロッテを千葉に来た当事から密かに応援している一人です。

十年ほど前はどちらのチームもリーグで最下位争いをしている弱小球団でしたが、2005年には日本シリーズで戦うほど実力がつきました。
その日本シリーズ第2戦に観戦しに行きましたが、阪神の人気はもちろんのことロッテの人気があることに驚きでした。

ロッテファンの応援が面白く、それからちょくちょくマリンスタジアムに観戦しにいっています。


そんな地元ロッテ+地元千葉出身のゴールデンルーキー
高校生BIG3の一人、千葉ロッテマリーンズの唐川が25日のソフトバンク戦にデビューすると噂されています。

不調の久保が登録抹消の代わりに唐川が1軍に昇格。
個人的に地元の選手なので気になっていたんですが、こんなにも早くデビューが決まることは嬉しいです。

ロッテの大ファンの私の友人で2軍で安定感ある投球をしていると聞いていました。
昨年の大嶺もゴールデンウィーク中に初登板していましたから、もしかしたらとは思っていました。


残念ながらデビュー戦は福岡で投げることになりそうなので、千葉で行われる試合を観にいこうかな?
タグ:唐川侑己

posted by パンチ at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008パ・リーグ

中日はいいピッチャーがゴロゴロいるな〜

ナゴヤドームでの中日3連戦の第2戦

優勝するためには争わなくてはいけない中日相手。
今季負けのないアッチソンで1戦目を落とし、もう一人の不敗投手の下柳なので連敗すると中日への分が悪くなるので連敗はどうしても避けたいところ。


1回に早くも先制され、相変わらず嫌な野球をやってくる中日。

中日の先発ピッチャーは川井?
詳しく知らなかったんですが、カーブが良くて緩急を上手くつけられ阪神打線も先発投手川井相手に3回までランナーを出せない苦しい展開。
第1戦目を速球派の中田だけに余計苦しかったです。

3連戦を計算して投手起用していてさすが落合監督といったところでしょうか。

中日は今日の川井もそうですが他にも吉見・山井といった2年前まで
「誰?」と言ってしまいそうなピッチャーでも活躍してくるから中日投手陣の層の厚さを一層感じましたね。


ただ、阪神打線も3回までランナーを出すことはできなかったものの、ファールで粘って川井に球数を投げさせていたので後半に希望の持てる展開ではありました。

カーブは緩急を使うには適していますが、三振を取れる球ではないので多く投げさせることができたんでしょう。

結局、4回に今年好調の赤星の内野安打から新井のタイムリーで同点
6回に相手のミスからまさかの今岡のタイムリーで逆転
8回に新井の移籍後初となるホームランで追加点と理想的な点の加え方で勝つことができました。



中日は8回からエースの川上が中継ぎで出てきましたが、
もしかしたら今年は川上を中継ぎで行くのかもしれませんね。


中日は先発から岩瀬までの間のピッチャーに「これ!」といえる選手が見当たらず、先発投手が降板した後に相手へのプレッシャーをかけづらい。
先にも述べましたが、先発陣は山井・吉見・川井の他に中田・朝倉・小笠原・山本昌と実績ある先発ピッチャーがいる。

といったチーム事情があるのは確かです。

数年前、古田前ヤクルト監督がテレビで
「川上は馬力があって連投が利くのでセットアッパーにはもってこいの選手。先発陣の枚数があれば絶対に川上をセットアッパーに持っていく」と言ってました。


まぁ本来なら阪神藤川と双璧とも言われるストレートを持つ中里が万全なら間違いなくセットアッパーなんでしょうけど。



中日の話題はさておき・・・

関本を2番に入れると右左のバランスが良くなるしバントや守備も高いレベルでこなしてくれますが、足でかき回したり、驚く場面でのホームランといった相手への威圧感が足りないような・・・

個人的には好きなタイプの選手ですが、バントは怪しいですが足が速くて何をしてくるかわからない平野の方が相手にとって嫌な選手だと思います。

せっかく浜中を出して獲った選手なんですから。

藤本ってどうなったんだろう?



4月23日の鳥谷
3打数無安打1四球 打率.320

う〜ん
打率落ちてきました。
好不調の波が大きい選手なので打てないと長続きしますからね。
ちょっと危険信号です。

posted by パンチ at 02:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース

2008年04月23日

一休み

今日は阪神、ナゴヤドームでの今年初の中日戦
6:30に急いで帰宅し、鼻息荒くテレビ中継を観ようと思ったら・・・


スカパーもBSも中日×阪神やってないジャン!!


千葉県民にとって阪神戦がなかなか放送されないのが悩みどころです。

以前は千葉テレビでよく阪神戦は放送されていたんですが、近年ロッテが実力・人気ともに千葉県に根付いてきてロッテ戦をメインで扱うようになってしまい、おのずと阪神戦の数が減ってしまいました。

FA宣言して関西に住むか、スカパーのチャンネルを増やすか・・・
FA宣言してもオリックス塩崎みたいにオファーがないとつらいしな〜


結局、オンラインで一球速報で地味に試合を見つめていました。


結果、中日中田にプロ初完封を許してしまう完敗。
守備のエラーから大量失点してしまい、序盤で試合が決まってしまいましたね。

今まで流れがよかったからこういうミスで負けてしまう試合もあるとほぼ納得。


ただ、今岡を先発に出すとは・・・

個人的に平野のプレースタイルが好きですが、ここ最近の調子を見て交代は仕方ないですが今岡はないでしょ。

いきなり右投げの速球派の中田は厳しいでしょ。
岡田監督は先発読めなかったのでしょうか?


接戦で負けたわけではないので引きずる負けではないでしょう。
気分一新で明日下さんお願いします。

posted by パンチ at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース

2008年04月20日

村中警戒令発動!!

調子の良いチームでも負けることはあります。

昨日はヤクルトの村中に完全にやられました。
阪神が村中から打ったヒットは関本が2本だけとあわやノーヒットノーランをされるところでした。

阪神打線は今年も球威のあるピッチャーに弱いのは相変わらずでした。


まぁ、村中が良かったんでしょう。

村中は早くも2勝してますが中日と阪神相手というのが評価できますね。

石井一久の若いときや井川のように球威のある先発左投手はセ・リーグではなかなかいないので、今後、阪神に限らずセ・リーグ各球団は村中に攻略に手こずりそうですね。

阪神には同じく岩田が期待されていますが、
昨日を見る限り村中の方が力は上の気がします・・・


そういえば、

村中と同期で巨人の辻内ってどうなったのかな?
彼も左の球威のある球を投げるピッチャーだったんだけど。

他にも楽天の片山・日ハムの陽・西武の銀次郎・中日の平田・横浜の山口とこの世代は期待しているんですよね。



4月19日の鳥谷
3打数無安打1四球

左の勢いのあるピッチャーで初対戦なので仕方ないでしょう。

posted by パンチ at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008セ・リーグ

2008年04月19日

神宮球場でのヤクルトは鬼門

Bクラス常連時代の92年に最後まで優勝争いをして、当時の守護神田村投手がホームランバッターではないヤクルト土橋にサヨナラホームランを打たれ、希望の光がなくなったあの日。
昨年の優勝争いの最中で10連勝で勢いを持って臨んだ試合で古田監督引退報道でヤクルトナインが奮起してまさかの3連敗で完全に勢いを失ってしまったとき。
関東の人間である私が神宮球場へ観戦したときは阪神が5戦全敗。

個人的に神宮でのヤクルト戦にはあまりいいイメージを持っていません。


そんな神宮球場でのヤクルト×阪神の初戦

相手のミスでノーヒットで初回に先制できたのが大きかったですね〜

2回裏の2死満塁の場面で今岡に代わる関本がダイビングキャッチの好プレーで相手のチャンスを止める。
これが今岡の守備だったらどうなっていたでしょう?

スタメン落ちした今岡・フォードを出場させていて岡田監督も今はデリケートに采配している気がします。

今岡を引っ込めた効果がこんなにもあたるとは監督も複雑な心境でしょうね。


明日のヤクルトの先発は私が今年もっとも気になる左の村中が予想されます。

今日のスタメンから予想するに、恐らくサードは関本で5番ライトにフォードでしょう。
サプライズで桜井という文字が神宮に出てこないかと少し期待しているのは私だけでしょうか?


ただ、阪神は好調すぎて怖いですね〜

今日の試合は守備や四球というヤクルトのミスで試合を優位に進めていけたので、林などの後ろのいいピッチャーを出すことがなかったので終盤に追加点をとることができましたが、これがヤクルト優位の展開ならどう転ぶかわかりませんでした。

五十嵐亮太や石井弘寿も今年復帰予定なので、やはりヤクルト戦は鬼門ですね。



4月18日の鳥谷の結果
4打数1安打 打率.339
3回の併殺打はいただけませんでしたが、同点に追いつかれた直後の次の打席で決勝タイムリーを打ってくれたので明日に引きずることはないでしょう。
タグ:神宮球場

posted by パンチ at 01:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 阪神タイガース

2008年04月18日

投も打も守も走もまったく機能していない伝統あるチーム

阪神の試合が雨で順延だったので巨人の話を。


巨人×中日の3連戦
高橋由伸のホームランの1点をなんとか守りきり3連敗は死守しました。


この3連戦を振り返って、先日の東京ドームでの高橋・亀井・小笠原の3連発が遠い昔のように中日には効果がありませんでしたね。

1点をグライシンガーから8回途中からクルーンと4月では考えづらい必死の投手リレー
クルーンが一時帰国する理由があったとしても巨人はこういう勝ち方しかできないんでしょうか?


巨人は中継ぎと守備力が不安定なので中盤まで接戦に持ち込めば、守備交代もできないし、先発より力が衰える中継ぎを攻略しやすいので勝機が見えてくるといったパターンで負けるケースが多いですね。


また、巨人の不調はなんと言っても打線がなかなか浮上してこないことです。

特に内野手
今日のスタメンはセカンドゴンザレスにサード古城
今年活躍している坂本がいなかったらどうなってたか恐ろしいです。

二岡と李スンヨプが抜けただけで、そんなにも戦力が衰えてくるものでしょうか?

古城を出すのはまだ許せますが、いまさらゴンザレスを使う意味がわかりません。
(個人的に知り合いの岩舘を使って欲しいんですが…)


李スンヨプが抜けた5番6番の打順を打てる選手が見当たらないのは確かですが、ゴンザレスが大活躍して巨人が勝つような試合って果たしてあるんでしょうか?

だったら若手を起用して育てた方がファンは納得するのでは?


原監督は高橋由伸1番に強いこだわりがあるんでしょうか?

明らかにランナーなしで高橋由伸に回ってくるケースが多く、例えば2死ランナーなしでヒットを打ったとしても盗塁して次の亀井の連打で1点なんてありえないので好き勝手に打つしかない状況。

結果、ホームランは多いが打率がよくなく1番で孤立してしまっている気がします。

高橋由伸を3番か5番に戻せばゴンザレスなんか出さずに打線のバランスがよくなるでしょう。


高橋の1番起用は苦肉の策だった気がするんですが…



何もかもがちぐはぐで今の巨人は重傷ですね。

二岡・李スンヨプが戻ってくるまで待つしかないのかな?

posted by パンチ at 01:45 | Comment(2) | TrackBack(1) | 2008セ・リーグ

2008年04月17日

やっと岡田監督が重い腰を上げた!!

下柳の3年ぶりの完投勝利で阪神快勝です。


昨日、プロ野球ニュースではあまり取り立たされていませんでしたが、阪神ファンにとっては大きな出来事がありました。

ついに…

岡田監督が重い腰を上げて、不振の今岡・フォードを外して葛城・関本をスタメンで起用しました。

二人とも2安打とスタメン起用に応えてくれました。

特に関本は2-1の6回に無死満塁で前のバッター矢野が倒れて嫌な場面でライトへ貴重な2点タイムリーを打ってくれました。


昨日は広島の先発宮崎が右ピッチャーだったので、今岡に代わる5番バッターに左の葛城を、その流れでサードのポジションを関本が起用されていました。

桧山の調子がいいので代打の切り札だった葛城をスタメンにまわすことができるのも大きな要因のひとつでしょう。

恐らく、昨日の結果で相手が右ピッチャーの場合は葛城・関本のスタメンになると思いますが、左ピッチャーの場合どうするかでしょう。

今日は広島は前田健か大竹とどちらも右ピッチャーが予想されるので昨日どおりのスタメンで行くと思います。

こうなると守備力も上がり、阪神打線に大きな穴がなくなり更なる期待が持ててきますね。



毎日のようにCSのプロ野球ニュースを観ているんですが、首位阪神の扱いが本当に小さくて残念です。

巨人が重傷なので多くの時間が巨人に使われているのは仕方がないところです。

巨人は今は歯車が機能していないだけで、歯車が合えば浮上してくるので低迷しているとはいえ、恐いチームです。


話は戻り、今日は関西地方雨の予報なので試合は中止でしょうか?
先発予想の杉山はまた流れてしまって残念です。

日ハムからきた金村や新人王を獲った上園もはやく見たい気がしますが…



4月16日の鳥谷
3打数1安打1四球(敬遠)

得点圏打率が高くランナーがたまったときにランナーを返せるし、
足が速い選手で打順が下がっていくと得点能力が落ちてしまうので積極的に走ってチャンスを作っているし、6番という打順は鳥谷を活かすいい打順ですね。

posted by パンチ at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース

2008年04月16日

今岡は他球団へのハンデ?

・先発ピッチャーは最低6回まできちんとゲームを作る。
・7回以降の中継ぎ・抑えは誰もが認めるほどの力。
・1,2番の出塁率と足を絡めたいやらしい攻撃を3,4番で返す。

結果、昨年酷使したJFKの負担を軽くしながらスタートダッシュ成功!


前評判は巨人・中日より力が劣ると解説者の多くは予想してましたけど、
蓋を開けてみたら今年の阪神はかなり強いですね〜

このペースでいけばシーズン100勝もできそうですね。

昨年は中継ぎ・抑えだけで勝利をなんとかもぎ取るという野球しかできませんでしたが、勝ちパターンをいくつか持っているので今後、大崩れすることはないでしょう。


今日も先発のアッチソンがよかった。
コントロールがいいので、きちんとゲームを作ってくれています。

ボールが先行したときにストライクを取りに行く外角のスライダーを広島打線に狙われていたのが少し不安ですが、インコースの球を上手く見せていけばこれからも大丈夫でしょう。


調子がいい阪神の不安要素はやっぱり5番今岡です。
今日も3打席3三振といいところが全くありません。

開幕してからずーっと今岡のところで打順が切れてしまって、得点圏打率6割を超える鳥谷へまわることなく攻撃が終了してしまっているので、大量得点のチャンスを逃してしまっています。

1死満塁の場面で今岡に打順が回ると
「頼むから三振してくれ!」
と願う阪神ファンは私だけでしょうか?

事実今日は今岡が抜けた後の8回の攻撃で打線がつながって大量点を取れていました。


岡田監督は今岡のシーズン終了時の数字をどれぐらいで予想しているんでしょうか?

このままでは本人もつらいと思いますよ。


葛城・桜井・関本といった他の選手が腐ってしまう前に一度2軍へ落として2軍できちんと数字を出してから戻すという方法も考えて欲しいものです。
恐らく今の今岡なら2軍のピッチャーも打てないと思いますよ。


それにしても、桧山すげー!!

今日の鳥谷4打数2安打
タグ:今岡誠

posted by パンチ at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース

2008年04月13日

2000本安打達成「キモいっすね〜」

阪神の金本知憲選手

先週の日曜日に1999本目のヒットを打ってから足踏みしていましたが、
ようやく出てくれました。


また、新井も1000本安打を達成し、因縁なのかメモリアルな試合になりました。

ヒーローインタビューで
「新井さんとダブルの記録にどうですか?」

と言う質問に

キモいっすね

大爆笑


相手ピッチャー横浜寺原も辛かったですね。

7回2死3塁で1点も与えられない場面、
通常なら間違いなく敬遠だったのに2000本がかかる場面で勝負しなくてはいけなくなってしまって。

まぁそれをヒットにしてしまうあたり一流の選手なんでしょうね。


入団当時、足はそこそこ速かったようですが走攻守どれも抜け出した実力はなかったと本人や当時の首脳陣は言っていました。

実際、以前の映像が流れると線が細いというイメージがあり、とても30本ホームランを打てる選手に見えませんでしたが、「努力」が今の彼を作りあげたのでしょう。

実際の練習する姿を見てはいませんが、彼のその背中が努力を語っています。

プロ野球選手は生まれながらに足が速く肩も強い選手がほとんどですが、努力でも一流選手になれるというのが、私のような選手でも希望を与えてくれるお手本のようなプレーヤーです。


次の目標の2500本目指しがんばってください。


金本選手の応援歌です

↓ ↓

鍛えたその身体
 あふれる気迫
  さぁ ここまで(敵地の場合:そーれむこうへ)ぶち込め
   ライトスタンドへ〜
タグ:金本知憲

posted by パンチ at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース

2008年04月09日

今岡はやっぱり駄目でしょうか?

昨日の阪神×中日

甲子園リニューアル一発目の試合。
アニキこと金本知憲選手の2000本安打まであと1と迫った試合。

それと近年、優勝するためには中日を叩かないと優勝はないと阪神サイドは思っており、負けられない試合でした。


結果は3-2と辛くも勝利


中日先発の中田はいつものような球の力はなく序盤からアップアップ。
しかしながら、中田に苦手意識があるのか阪神の攻撃、4回の1死満塁で今岡がダブルプレーや平野の2度のバントミスなどで中田を捕らえきれない。

7回にようやく桧山・新井のタイムリーなどで逆転し、FKでそのまま逃げ切り勝ち。



今岡は昨日もダメでした


今年彼がキラッと光ったのは巨人戦の初戦のホームランだけな気がします。

凡打になるにしても打てそうな雰囲気がまったくなかったですから重傷ですね。
今岡の前後を打つ調子の良かった金本・鳥谷のあたりが止まりはじめてますから負の連鎖が侵食し始めてきました。

これは「調子が悪い」というレベルじゃなく、これが実力と考えて見切った方がいいんじゃないでしょうか?

今岡を外すと左右のバランスや守備位置やらで大幅に変更しなくてはならないのが頭の痛いところだとおもいますが、
控えには関本や藤本といった守れる選手がいるし、打撃にこだわるなら葛城を、若手には坂という期待の選手にチャンスをあげたり、今岡にこだわらなければオプションは広がると思うんですけどね〜

とりあえず、今日のスタメンに注目したいと思います。

昨日2度バントミスした平野はスタメンで出してもらえるか?
まず今岡より平野を外されそうな気がします。

個人的に好きな選手なので出して欲しいですが・・・



投手陣では、

先発のアッチソンが7回1失点はしたもののコントロールがよく、今後も十分活躍しそうな投球を見せてくれたのはよかったです。

藤川に不安がでましたけど、大丈夫でしょう。

中日は外野の守備力、打線と福留が抜けた穴は限りなく大きい気がしました。
タグ:今岡誠

posted by パンチ at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース

2008年04月07日

巨人の体質改善できうる選手

昨日の巨人×阪神3回戦
9-1と巨人が圧勝!

阪神を苦手にしていた木佐貫の快投
打線が活発になってきたこと
坂本の満塁ホームラン

などと巨人にとっては今後の試合に向けていい波ができた大きな1勝です。


チーム・ファンが期待する2年目の坂本勇人選手

開幕当初は波に乗れず、守備のミスもあったんですが、慣れてきたんでしょうか?

阪神戦になって打ち出してきました。
一生懸命プレーする姿が好感が持てます。

巨人には怪我で戦列を離れている巨人不動のショート二岡という選手がいますが、二岡が戻ってきてすぐに坂本をセカンドで起用するのかどうするんでしょう?


まぁ巨人の特に野手の場合、ポジションを競争で「奪う」のではなく期待する有力選手に「与える」という言いかたが合っています。

なので、

期待されている今、坂本にはがんばってもらい、
二岡を押しのけてショートのポジションを奪い、
あまり変えたがらない保守的な巨人の体質を変えて欲しいものです。


これが2,3年先になった時は「坂本勇人」という選手は完全に埋もれてたでしょうね。
タグ:坂本勇人

posted by パンチ at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008セ・リーグ

2008年04月05日

鳥谷覚醒!伝統の一戦を快勝

今年最初の巨人×阪神の伝統の一戦。

バックネット裏のチケットが手に入り、行こうと思ったんですが、昨日の夜突然お仕事が入り、親戚のおばへプレゼント。


昨日のようなブログを書くと発奮してくれるようですね〜

http://baseball-japan.seesaa.net/article/92203147.html


好調の打線の波に乗れていないで阪神ファンをヤキモキさせていた、5番今岡・7番フォードが活躍して巨人に勝利

逆転、追加点、ダメ押しと打線は理想的な点の取り方でした。


好調の阪神打線の中でもっとも勢いのある選手といえば「鳥谷敬」

毎年成長を続けていたんですが、早稲田大学時代の同期のヤクルト青木に先を越され、バッターとして差が開いてました。


しかし、今年は違います。


昨日5-1で迎えた8回に止めを刺すホームラン!

インコースの速い球という彼のウィークポイントで、今までは攻められやすいコースでしたが、これを打てるようになると相手投手の攻め方も難しくなってくるでしょう。

また、打席での構えも昨年までは極端なオープンスタンスでしたが、昨日の打席を見たらスタンスが狭まってスイングを始動しても軸がしっかりしていたので大崩はないと思います。


3割30本を打つのは間違いないでしょう。

こうなれば、星野日本代表監督も黙ってはいないでしょう。


とりあえず、今日のNHKで中継の巨人×阪神で星野監督が解説するので鳥谷の現時点での評価を聞いてみたいと思います。

posted by パンチ at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース

2008年04月04日

阪神打線負の連鎖の元凶は?

う〜ん

開幕6戦目に阪神は今年はじめての敗北を喫してしまいました。
横浜・広島相手ということで上々の滑り出しですね。

先発の杉山は逆転されたものの4失点なら及第点ではなでしょうか?


ただ、やっぱり敗因は今岡でしょうね。


おとといのゲームも金本が2度敬遠される場面がありました。

今岡がここで打てないと、金本が今岡の分まで責任を背負ってしまい負担をかけてしまう。
また、今岡は併殺打が多い選手なので、ネクストサークルで集中力を高めている後を打つ鳥谷などがその高めた集中力をいったんリセットして守備につきまた集中力を高めなければいけなくなり、後を打つ鳥谷への負担も大きくなってしまいます。


結果、今岡が打てないと阪神打線が悪循環になってしまいます。

首位打者や打点王を獲った20代後半の頃は、鋭く三遊間を抜けるヒットが多かったけど、最近はそういう打球を見ることはほとんどありません。


衰えでしょうか?


守備が上手かったり、足が速いわけでもない、ましてやチームリーダーとして周りを盛り上げたりすることもない。

岡田監督が今岡にこだわっている意味がわからないです。

控えに甘んじている関本や藤本の方がよっぽどやる気を出して戦ってくれると思いますよ。


広沢コーチいわく理想の3番打者は林といっていたので、林が戻ってきたときの空きスペースと考えておきましょう。



今日からの巨人戦

巨人は中日に劇的な勝利してますから、かなり勢い乗ってくるんじゃないでしょうか?

中日も阪神戦を前に巨人を勢いづかせてくれましたよ。
タグ:今岡誠

posted by パンチ at 11:29 | Comment(2) | TrackBack(1) | 阪神タイガース

2008年04月02日

阪神鳥谷の逆転ホームランで開幕ダッシュ成功!

セ・リーグは開幕を迎え5戦目

開幕明暗がくっきりですね。


阪神は昨年下位チームに接戦ながら5連勝。
接戦になれば後ろにいいピッチャーがいるので安心です。


疑問に思っていた継投も今日、先発ピッチャー下柳。
昨年なら5回が終われば残りの4回をJFKで回していく展開でしたが、
先発下柳を7回まで投げさせ、8.9回を久保田・藤川で抑えつつウィリアムスを温存。

中継ぎの負担も昨年よりはるかに軽減されました。


打線もコツコツ追加点も取れているしいいですね〜


今年こそは鳥谷がやってくれそうな予感です。

オリンピックの一次代表には選ばれませんでしたが、しばらく首位打者争いしていればきっと呼んでもらえるでしょう。

鳥谷にはこれからの阪神を背負うために代表の経験が必要です。


今年の鳥谷は注目ですね。
タグ:鳥谷敬

posted by パンチ at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース


sponsord link