[sponsord link]

2008年04月04日

阪神打線負の連鎖の元凶は?

う〜ん

開幕6戦目に阪神は今年はじめての敗北を喫してしまいました。
横浜・広島相手ということで上々の滑り出しですね。

先発の杉山は逆転されたものの4失点なら及第点ではなでしょうか?


ただ、やっぱり敗因は今岡でしょうね。


おとといのゲームも金本が2度敬遠される場面がありました。

今岡がここで打てないと、金本が今岡の分まで責任を背負ってしまい負担をかけてしまう。
また、今岡は併殺打が多い選手なので、ネクストサークルで集中力を高めている後を打つ鳥谷などがその高めた集中力をいったんリセットして守備につきまた集中力を高めなければいけなくなり、後を打つ鳥谷への負担も大きくなってしまいます。


結果、今岡が打てないと阪神打線が悪循環になってしまいます。

首位打者や打点王を獲った20代後半の頃は、鋭く三遊間を抜けるヒットが多かったけど、最近はそういう打球を見ることはほとんどありません。


衰えでしょうか?


守備が上手かったり、足が速いわけでもない、ましてやチームリーダーとして周りを盛り上げたりすることもない。

岡田監督が今岡にこだわっている意味がわからないです。

控えに甘んじている関本や藤本の方がよっぽどやる気を出して戦ってくれると思いますよ。


広沢コーチいわく理想の3番打者は林といっていたので、林が戻ってきたときの空きスペースと考えておきましょう。



今日からの巨人戦

巨人は中日に劇的な勝利してますから、かなり勢い乗ってくるんじゃないでしょうか?

中日も阪神戦を前に巨人を勢いづかせてくれましたよ。
タグ:今岡誠

posted by パンチ at 11:29 | Comment(2) | TrackBack(1) | 阪神タイガース


sponsord link