[sponsord link]

2008年04月18日

投も打も守も走もまったく機能していない伝統あるチーム

阪神の試合が雨で順延だったので巨人の話を。


巨人×中日の3連戦
高橋由伸のホームランの1点をなんとか守りきり3連敗は死守しました。


この3連戦を振り返って、先日の東京ドームでの高橋・亀井・小笠原の3連発が遠い昔のように中日には効果がありませんでしたね。

1点をグライシンガーから8回途中からクルーンと4月では考えづらい必死の投手リレー
クルーンが一時帰国する理由があったとしても巨人はこういう勝ち方しかできないんでしょうか?


巨人は中継ぎと守備力が不安定なので中盤まで接戦に持ち込めば、守備交代もできないし、先発より力が衰える中継ぎを攻略しやすいので勝機が見えてくるといったパターンで負けるケースが多いですね。


また、巨人の不調はなんと言っても打線がなかなか浮上してこないことです。

特に内野手
今日のスタメンはセカンドゴンザレスにサード古城
今年活躍している坂本がいなかったらどうなってたか恐ろしいです。

二岡と李スンヨプが抜けただけで、そんなにも戦力が衰えてくるものでしょうか?

古城を出すのはまだ許せますが、いまさらゴンザレスを使う意味がわかりません。
(個人的に知り合いの岩舘を使って欲しいんですが…)


李スンヨプが抜けた5番6番の打順を打てる選手が見当たらないのは確かですが、ゴンザレスが大活躍して巨人が勝つような試合って果たしてあるんでしょうか?

だったら若手を起用して育てた方がファンは納得するのでは?


原監督は高橋由伸1番に強いこだわりがあるんでしょうか?

明らかにランナーなしで高橋由伸に回ってくるケースが多く、例えば2死ランナーなしでヒットを打ったとしても盗塁して次の亀井の連打で1点なんてありえないので好き勝手に打つしかない状況。

結果、ホームランは多いが打率がよくなく1番で孤立してしまっている気がします。

高橋由伸を3番か5番に戻せばゴンザレスなんか出さずに打線のバランスがよくなるでしょう。


高橋の1番起用は苦肉の策だった気がするんですが…



何もかもがちぐはぐで今の巨人は重傷ですね。

二岡・李スンヨプが戻ってくるまで待つしかないのかな?

posted by パンチ at 01:45 | Comment(2) | TrackBack(1) | 2008セ・リーグ


sponsord link