[sponsord link]

2008年04月26日

燃え尽き症候群で敗戦

今年初の甲子園での巨人戦
阪神ペースの接戦に持ち込むも敗戦


今日は巨人のピッチャーがよかった。

阪神は木佐貫に早くも2敗目を食らってしまいました。

木佐貫ってこんなによかったかな?
と思うほど、いいピッチングしてましたね。

4回に逆転できなかったことが敗因でしょうか?


不調の今岡・フォードはスタメン落ちで、
5番ライト葛城、8番サードは今季初スタメンの坂

坂は4回に1打点を記録したものの守備ではミスが痛かったですね。

葛城もチャンスに2度凡退。
これも3番新井が不調だったせいで金本の敬遠でリズムを狂わされ葛城にしわ寄せがくる苦しいところでした。

葛城に1本出ていれば有利に試合を運んでいけたんですが、
葛城も坂も選手も常にスタメンで出ている選手ではないのでこの結果は仕方ないところです。

新井の調子も悪かったですが、昨日23時まで試合していたらそりゃ疲れますよ。


とりあえず、これからも阪神打線は5番と8番、守備ではサードが課題でしょうね。

個人的にはバルディリスを見てみたいところですが・・・


安藤も自打球当てたりして調子が悪そうでしたが、7回まで3点でがんばってくれたおかげで前日に使った中継ぎを休ませることができました。

負けた展開だったので阿部、能見を出すことができ、能見が今後も使えそうな活躍をしてくれたのが今日の収穫でした。


疑問に思ったのが、開幕から筒井がベンチ入りしてますが、どのタイミングで出すんでしょう?


引きずらない負けでしょうから気を取り直して明日の岩田くんにビシッと
巨人打線を抑えてもらいましょう。

打線が気がかりではありますが・・・



4月25日の鳥谷
3打数1安打1四球 打率.325
内野安打で1本ヒットがでました。
最終打席のクルーンからの三振はしかたないですね。

posted by パンチ at 01:13 | Comment(2) | TrackBack(1) | 阪神タイガース


sponsord link