[sponsord link]

2008年05月17日

修正ポイントを直してさらに躍進

昨日のヤクルトとの試合

ヤクルトの先発は村中でしたが、調子が悪かったのか、甲子園の雰囲気に飲まれてしまったのか結果は散々でした。

最後はバテバテの安藤が3ランを打たれヒヤヒヤしましたが、大量点に助けられ5勝目。


昨日は今季初スタメンで桜井とバルディリスが入りました。

桜井は最後の打席に今季初ヒットを打ったもののチャンスに凡退。
最終打席でヒットを打って「ふぅ〜」と大きくため息をついていたあたり今年初スタメンの緊張があったと判断。
ヒットを打てたので次からは気持ちが楽に打席に立てることでしょう。


方やバルディリス

鋭いスイングで2塁打も打っていましたが、日本のピッチャーのタイミングにまだまだ合っていない感じを受けました。
慣れればかなり打ってくれる魅力あるスイングをしていたので現状では下位打線に置いて、まさかの一発に期待しましょう。


不安だった打線も強化され、ピッチャーも中継ぎを中心にすばらしい。

負ける要因がなかなか見当たらないのが今年の阪神。
この時期の勝率は独走で優勝していた星野監督時代の2003年より勝率がいいようです。

まだまだ突っ走りそうな勢いが今の阪神にはあります。



5月16日の鳥谷
4打数1安打2打点 打率.327
相手投手が村中だったのでヒットを打つのは厳しいかな〜と思ってましたがタイムリーを打った打席はお見事でした。
来た球を体で反応するより、打球方向を決め打ちしている感じがしていたのでやはり調子がちょっと悪いんでしょうね。

posted by パンチ at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース


sponsord link