[sponsord link]

2008年01月09日

ソフトバンクの斉藤和巳投手今季絶望か!?

ソフトバンクのエース斉藤和巳投手が今期2008年シーズン絶望!!

ルーズショルダーで右肩痛の持病がありましたが長年酷使してきたツケが出てきたんでしょうね。


斉藤といえば150kmのストレートとフォークがすばらしくレッドソックスへ行った松坂と毎年タイトル争いをしている最高級の選手です。


1995年南京都高校からドラフト1位で当時のダイエーに入団。

・斉藤の同学年にドラフトの目玉PL学園の福留が7球団が1位で指名した。
・即戦力になりうる大学社会人の逆指名が使えること。
・この時代のダイエーが九州出身の選手を集めることに力を注いでた。

これらのことを考えると、京都出身の斉藤をダイエーが単独で指名することはなかなか考えにくいことで、それほど期待していたことでしょう。

数年後、球界を代表する大エースに育ったわけですからダイエーフロント陣の目は確かだったんですね〜

今でもダイエー時代の財産でソフトバンクは戦っているような気がしますが・・・


同じように肩を酷使して30歳前後で投げられなくなった昨年引退したロッテの黒木の二の舞になって欲しくはないものです。


和田、杉内、新垣、大隣、神内、外国人投手
あと、新人の大場が斉藤の穴を完全に埋めるまではいかなくても、ある程度は見込めるでしょうからとりあえず、エースが抜けてもソフトバンクの先発陣は安泰でしょうが、斉藤はかなり太い大黒柱でしたからね。

王監督の最後の年ですし、リハビリに焦りすぎて選手生命を短くすることだけは止めていただきたいと願うばかりです。
posted by パンチ at 00:11 | Comment(0) | 2007ストーブリーグ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


sponsord link