[sponsord link]

2008年02月14日

入来が横浜にいた!

入来祐作って横浜ベイスターズにいたんだ!

ちょっと驚きです。


入来といえば巨人から日ハム後、メジャーへ渡米したものの、話題になったのはステロイド問題で50試合出場停止処分を受けたときだけで、数年は耳にしなかった選手でした。

路線は現レッドソックスの岡島と同じ路線ですね。

体は小さいながらもテンポの良い投球で、ストレートの切れにカーブ、チェンジアップもよく、豊富な投手陣を誇る巨人時代も数年ローテーションを守ったほど実力は十分にある選手です。

横浜は先発の駒が少なく、ベテランになっても巨人時代の先輩の工藤がいるので、良いチームに入ったんじゃないでしょうか?


入来は関西のイメージがあまりありませんが、PL学園出身だったんですね。
鹿児島実業出身の入来兄とオールスター出場したとき、

「鹿実は練習が厳しそうだから鹿実へ進学するのはやめたけどPLはもっと厳しかった」

とコメントしていたのは面白かった。


86年卒清原和博(オリックス)、桑田真澄(パイレーツ)
88年卒立浪和義(中日)、片岡(元阪神)
89年卒宮本慎也(ヤクルト)
91年卒入来祐作
92年卒坪井智哉(日ハム)
93年卒今岡誠(阪神)
94年卒松井稼頭央(アストロズ)
95年卒サブロー(ロッテ)
96年卒福留孝介(中日→カブス)


これをみるようにPLはこの時代、毎年のように一流のプロ野球選手を排出していたんですね。

数年前はPL=全国優勝のイメージありましたからね。
全国各地から野球の猛者がPL来たんでしょうね。
posted by パンチ at 21:11 | Comment(0) | 2007移籍情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


sponsord link