[sponsord link]

2008年02月19日

背番号「42」が外国人選手に多い理由?

プロ野球キャンプも後半に差し掛かり、各球団開幕への人員の整理も着々と進めております。

そんな中、中日のウッズや西武→オリックスへ移籍したカブレラなど、キャンプ中盤から実績ある外国人選手が続々と来日してきています。


外国人選手といえば、背番号「42」を着けている選手が多いです。


巨人:パウエル
中日:ラミレス
阪神:下柳
横浜:クルーン
広島:長谷川
ヤクルト:木田
日本ハム:スウィーニー
ロッテ:ズレータ
ソフトバンク:なし
楽天:ウィット
西武:カブレラ
オリックス:清水


昨年の球団別の背番号42の選手を見ると12球団中7球団が外国人選手がつけていることになります。

日本では死人番号としてもっとも嫌がられる数字のひとつですが、なぜ外国人はつけるのでしょうか?


その答えはメジャーリーグの文化にあります。

60年ほど前、メジャーリーガーにジャッキー・ロビンソンという選手がいました。
野球が好きな人で一度は耳にしたことがある人も少なくないでしょう。


彼は黒人初の大リーガーだったのです。

ジャッキー・ロビンソンは黒人という理由で差別に遭い、ファンやチームメイトからも批判や嫌がらせも多数ありましたが、決して報復をすることなく紳士的にふるまいました。

その結果、現在の多くの有色人種が活躍する大リーグになったのです。

そして、彼のつけていた背番号が「42」だったのです。

1997年にジャッキー・ロビンソンの功績をたたえてアメリカの全球団で「42」が永久欠番になりました。

日本人が嫌がる数字である一方、外国人選手からはメジャーリーグでは今やつけることができない偉大な背番号であるためであるようです。


ちなみにメジャーリーグではヤンキースの守護神M.リベラのみがこの背番号の使用が許されています。

永久欠番になる1997年以前から着けている選手はそのまま使い続けることができるが2008年現在、移籍や引退で今なお使い続けられているのがリベラだけしか残っていないからである。
posted by パンチ at 20:11 | Comment(0) | 野球の都市伝説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


sponsord link