[sponsord link]

2008年03月19日

パ・リーグ開幕!順位予想

明日、セ・リーグよりひと足早くパ・リーグのペナントレースが開幕します。

プロ野球の開幕は年々早くなっており、今年は春のセンバツ高校野球の開幕よりペナントレースの開幕の方が早いという不思議な現象になっています。

甲子園球場のリニューアルでセンバツ大会が遅れたこともひとつですが・・・


今年のパ・リーグは各チーム戦力が変わって予想しづらいですね〜

かえって面白味が増えるので楽しみではあります。


私の予想は・・・

1位ロッテ
2位ソフトバンク
3位日ハム
4位オリックス
5位西武
6位楽天


先日のブログで書いたように【ロッテ】は先発投手の質が圧倒的に違います。
それに加えて昨シーズンリーグトップだった得点力。

唯一不安材料である「YFK」の長年支え続けてきた中継ぎ陣がそろっていなくなりましたが、逆に若返りができてよかったと私は感じています。

本来は先発投手が軸でなくてはならない投手の起用方法。
若手の中継ぎ陣を強力な先発投手陣が支えてくれることでしょう。


【ソフトバンク】は斉藤・和田の看板先発投手に抑えの馬原が出遅れ。
さらに小久保・大村も故障と主力級がここまででるとかなり苦しいです。

しかし、ソフトバンクは勝ち方を知っているチームなので、Bクラスに落ちることはないでしょう。


気になるのが【日ハム】です。

監督も変わり、ただでさえ打線が弱いのに、昨年までしっかり4番を打っていたセギノールが退団、期待の中田も2軍落ちと打線に光がありません。

日ハムの野手は打線より守備力が高い選手が多いので、今年も1点を投手陣を中心とする守り勝つ野球をするでしょう。

このチームはダルビッシュ次第でしょう。


台風の目となりそうなのが【オリックス】です。

ラロッカ・ローズ・カブレラ・浜中・北川・古木・清原と破壊力抜群の打線。

誰がどこを守るかわからないし、
投手陣も数が足りなそうですし、

打線で勝ってやろうという日ハムと正反対のチームカラーで今年は戦います。

試合を観にいきたいと思える魅力あるチームです。


カブレラ・和田の抜けた【西武】は若手の底上げが必須。

ヤクルトから石井が来たので、
涌井・西口・岸と計算できる先発の駒は足りているし、

中継ぎ・抑えの部分で中日から岡本を獲ったので、悲観する戦力ではないと思います。


最後に【楽天】

岩隈が戻ってきて、前半戦は絶望ながらルーキーの長谷部も計算に入る。
投手陣の駒は揃ってきて明るい話題が多いんですが、

確変した主砲の山崎武が昨年ほど打つとは到底思えません。

一場ってどうなったんだろ?



ロッテが首位を独走ってことはないでしょうし、
楽天が低空飛行を続けることもないでしょう。


今年のパ・リーグは1試合1試合、目が離せませんね。
posted by パンチ at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008パ・リーグ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90147730

この記事へのトラックバック


sponsord link