[sponsord link]

2008年04月05日

鳥谷覚醒!伝統の一戦を快勝

今年最初の巨人×阪神の伝統の一戦。

バックネット裏のチケットが手に入り、行こうと思ったんですが、昨日の夜突然お仕事が入り、親戚のおばへプレゼント。


昨日のようなブログを書くと発奮してくれるようですね〜

http://baseball-japan.seesaa.net/article/92203147.html


好調の打線の波に乗れていないで阪神ファンをヤキモキさせていた、5番今岡・7番フォードが活躍して巨人に勝利

逆転、追加点、ダメ押しと打線は理想的な点の取り方でした。


好調の阪神打線の中でもっとも勢いのある選手といえば「鳥谷敬」

毎年成長を続けていたんですが、早稲田大学時代の同期のヤクルト青木に先を越され、バッターとして差が開いてました。


しかし、今年は違います。


昨日5-1で迎えた8回に止めを刺すホームラン!

インコースの速い球という彼のウィークポイントで、今までは攻められやすいコースでしたが、これを打てるようになると相手投手の攻め方も難しくなってくるでしょう。

また、打席での構えも昨年までは極端なオープンスタンスでしたが、昨日の打席を見たらスタンスが狭まってスイングを始動しても軸がしっかりしていたので大崩はないと思います。


3割30本を打つのは間違いないでしょう。

こうなれば、星野日本代表監督も黙ってはいないでしょう。


とりあえず、今日のNHKで中継の巨人×阪神で星野監督が解説するので鳥谷の現時点での評価を聞いてみたいと思います。
posted by パンチ at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92318296

この記事へのトラックバック


sponsord link