[sponsord link]

2008年04月24日

中日はいいピッチャーがゴロゴロいるな〜

ナゴヤドームでの中日3連戦の第2戦

優勝するためには争わなくてはいけない中日相手。
今季負けのないアッチソンで1戦目を落とし、もう一人の不敗投手の下柳なので連敗すると中日への分が悪くなるので連敗はどうしても避けたいところ。


1回に早くも先制され、相変わらず嫌な野球をやってくる中日。

中日の先発ピッチャーは川井?
詳しく知らなかったんですが、カーブが良くて緩急を上手くつけられ阪神打線も先発投手川井相手に3回までランナーを出せない苦しい展開。
第1戦目を速球派の中田だけに余計苦しかったです。

3連戦を計算して投手起用していてさすが落合監督といったところでしょうか。

中日は今日の川井もそうですが他にも吉見・山井といった2年前まで
「誰?」と言ってしまいそうなピッチャーでも活躍してくるから中日投手陣の層の厚さを一層感じましたね。


ただ、阪神打線も3回までランナーを出すことはできなかったものの、ファールで粘って川井に球数を投げさせていたので後半に希望の持てる展開ではありました。

カーブは緩急を使うには適していますが、三振を取れる球ではないので多く投げさせることができたんでしょう。

結局、4回に今年好調の赤星の内野安打から新井のタイムリーで同点
6回に相手のミスからまさかの今岡のタイムリーで逆転
8回に新井の移籍後初となるホームランで追加点と理想的な点の加え方で勝つことができました。



中日は8回からエースの川上が中継ぎで出てきましたが、
もしかしたら今年は川上を中継ぎで行くのかもしれませんね。


中日は先発から岩瀬までの間のピッチャーに「これ!」といえる選手が見当たらず、先発投手が降板した後に相手へのプレッシャーをかけづらい。
先にも述べましたが、先発陣は山井・吉見・川井の他に中田・朝倉・小笠原・山本昌と実績ある先発ピッチャーがいる。

といったチーム事情があるのは確かです。

数年前、古田前ヤクルト監督がテレビで
「川上は馬力があって連投が利くのでセットアッパーにはもってこいの選手。先発陣の枚数があれば絶対に川上をセットアッパーに持っていく」と言ってました。


まぁ本来なら阪神藤川と双璧とも言われるストレートを持つ中里が万全なら間違いなくセットアッパーなんでしょうけど。



中日の話題はさておき・・・

関本を2番に入れると右左のバランスが良くなるしバントや守備も高いレベルでこなしてくれますが、足でかき回したり、驚く場面でのホームランといった相手への威圧感が足りないような・・・

個人的には好きなタイプの選手ですが、バントは怪しいですが足が速くて何をしてくるかわからない平野の方が相手にとって嫌な選手だと思います。

せっかく浜中を出して獲った選手なんですから。

藤本ってどうなったんだろう?



4月23日の鳥谷
3打数無安打1四球 打率.320

う〜ん
打率落ちてきました。
好不調の波が大きい選手なので打てないと長続きしますからね。
ちょっと危険信号です。
posted by パンチ at 02:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


sponsord link