[sponsord link]

2008年05月22日

平野の改心の一撃でオリックスに逆転勝利。しかし・・・

交流戦も開幕し、各チーム「心機一転」といったところでしょう。

昨日はオリックス相手にまさかの逆転負けのショックで振り返りたくなかったです。

昨日からやや不運なところもあり、チーム全体が重たい雰囲気でしたが、
なんといっても7回2死満塁での平野打席ですべてが払拭されましたね。

鳥谷のヒットから相手のミスもあり、無死満塁の場面でしたが代打今岡、赤星と内野ゴロで2死まで追い詰められ、嫌な展開でしたが平野くんが貴重な貴重な走者一掃のタイムリー3塁打。


久々の登場の今岡に期待はしていたんですが・・・
左のワンポイントリリーフの菊地原相手にボテボテのサードゴロとは・・・

方やフォードは貴重な四球やタイムリーでいい働きしてくれました。


負けたオリックス

チャンスで(阪神サイドから言うとピンチ)何度か浜中に回ってきたときは、「打ってくれ〜」と願っていましたが、いい結果を残すことができなかったのが残念でした。

平野が活躍しただけに。。。

これからも浜ちゃんにはレギュラーでがんばってもらいたいものです。


そんなオリックスの監督コリンズ監督が今日の試合終了後、電撃解任しました。

まだまだ巻き返しのできる位置にいるはずなのに、なぜ?
数年前の石毛監督の解任もこのぐらいの時期だったでしょうか。

石毛監督のときも含め、オリックス球団のフロントとの間で何かあったと思ってしまう悲しい結果ですね。


しばらくはゆっくりと休んでください。

お疲れ様です。



5月20日の鳥谷
4打数2安打 打率.340
7回のヒットはチームの勢いを与えるいいヒットでしたね。
今年はコンスタントによく打ちますね。
ただ、4打席目以降の打席がなんとなく淡白な気がしてるんですが、気のせいでしょうか?
しばらくはこの辺に注目してみてみたいと思います。
posted by パンチ at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


sponsord link