[sponsord link]

2007年11月02日

中日53年ぶりに日本一!

プロ野球日本シリーズ
中日ドラゴンズ×北海道日本ハムファイターズ

昨年と同じ組み合わせで行われましたが中日が昨年のリベンジを果たしました。
MVPの中村紀洋は涙してましたね〜
今年苦労してましたからね。


この試合で問題がありました。

8回まで日ハム打線をひとりも塁に出さず、パーフェクトで来ていた中日の先発ピッチャー山井を9回に落合監督が守護神岩瀬に交代した場面。

私の意見を言うと“あり”です。

野球もやったかどうかわからないどこかの評論家は
「夢のない野球だった。そう思わない人が多いなら、私は野球ファンをやめる」
と言っているようですが、どうぞご勝手にって感じですね。

1-0で迎えたチームの53年ぶりの日本一がかかった場面、1回から投げ続けていた山井より守護神岩瀬の方が1点差を抑える確率が高かったのはきっと誰もが思うことです。

その評論家は恐らくロマンを求めていると思いますが、ロマンという意味では、53年ぶりに日本一がかかった場面で長年チームに貢献してきた絶対的な守護神を出し惜しみせずに使わせてあげることもロマンがあるのではないでしょうか?

これが例えば昨日の試合だったり、点数が開いていたら違っていたんでしょうが。。。

福留がいなくて日本一になっちゃうんだもんな〜
福留選手の動向も気になりますが、他にもピッチャーでは佐藤充、中里あたりの凄いピッチャーが今年投げていたの見てないし、堂上兄弟、平田の成長も期待できるし、戦力が充実したら相当強いチームになりますね。

個人的には来期、立浪2世の森岡の活躍と山本昌の200勝に注目したいと思います。

山本昌は先発の枠があるとは思えませんし、中日出るかもしれませんね。

posted by パンチ at 01:13 | Comment(0) | 2007日本シリーズ

2007年10月31日

中日が53年ぶり日本一へ王手

中日が53年ぶり日本一へ王手をかけました。

2,3戦目と違い拮抗した試合になりましたが、
自力の差が出た感じがありましたね。

希望なら中日先発の小笠原がもう一人抑えてくれればよかったけど・・・

5回2死満塁の場面で日ハムのバッター金子でピッチャー先発の小笠原から鈴木へスイッチした場面、鈴木は金子に1球もストライクをいれずに四球。

小笠原は中日で唯一応援していた選手なのに!!

ま、金子に2安打されていたし、交代は仕方ないですね。


明日は日ハムはダルビッシュでしょうね。
中日は山井でしょうか?

日ハムは明日勝ったとしても、6,7戦目勝てる投手はもういないか。。。
圧倒的に中日有利になりましたね。

予想していた中日中田の2戦目がないまま日本シリーズが終わるかもしれませんね。

明日、ダルビッシュが打線の息を吹き返すような圧巻のピッチングをして欲しいものです。

posted by パンチ at 22:31 | Comment(0) | 2007日本シリーズ

2007年10月29日

中田好投

プロ野球日本シリーズ第2戦目

予定通り中日の中田投手が好投して対戦成績1勝1敗の五分に。

それにしても、日ハムは打てないな〜
1-4番まではかなりいい選手がいるんですが、5番以降が・・・

まだヒット1本出てない選手が多くいるし、中日の本拠地ナゴヤドームに戻るし、第3戦目は中日優勢かな。

第3戦目中日は小笠原で日ハムは武田勝でしょうかね。


中日の小笠原は今年になってかなりよくなりましたね。

私の2コ上で市立船橋高校のエースで甲子園にも出場していたピッチャーですが、コントロールはよかったけどそれだけに迫力というものが欠けていました。

正直、高校時代直接対戦したひとつ上のヤクルトの石井弘寿の方が威圧感たっぷりなピッチングでしたね。
まぁ、石井は高卒でプロへ小笠原は大学を経てプロへ行ったのでその当時の実力は石井の方があったんでしょうが・・・

どちらかというと日ハムを応援してますが、小笠原選手は応援してます。

posted by パンチ at 00:38 | Comment(0) | 2007日本シリーズ

2007年10月24日

日本シリーズ注目の選手

10月27日(土)から開幕するプロ野球日本シリーズ

予定通り??
北海道日本ハムファイターズ×中日ドラゴンズという去年と同じカードになりました。

中日の福留は出場するんでしょうか?
日ハムもセギノールが故障という噂ですし、お互い主力が欠けた状態で戦うことになりそうです。


そんな中で私の注目している選手は中日の中田賢一投手です。

福岡県出身の八幡高校→北九州市立大→中日へドラフト2順目で指名
100球以上投げても150kmを軽く超える球威とスタミナ、適度に荒れる球、やや変則的な投げ方、フォーク・スライダーと打者は打ちづらいことでしょう。
おもいっきり九州出身の選手なのにソフトバンク(当時ダイエー)がなぜ獲りに行かなかったのかが未だにわかりません。
個人的に新垣よりは上だと思うんですが・・・


1戦目の先発投手は日ハムがダルビッシュ、中日が川上でほぼ間違いないと予想し、
このシリーズ日ハムがダルビッシュで2勝は確実と判断。

となると残りの5試合を中日が川上以外のピッチャーで4勝するためには直接ダルビッシュと対戦しない中日の先発投手陣中田、小笠原、朝倉、山本昌、山井etc...

クライマックスシリーズでのピッチングを見る限り、落合監督は中田を先発で2試合投げさせてくるでしょう。

中日が1戦目を落とした場合、連敗したくない2戦目。勝てば日本一が決まる7戦目という大事な試合に私は中田が先発して来ると予想します。

もちろん7戦目勝てばおのずと日本一が決まりますが、2試合中田で勝てるようだと中日が日本一になると思います。


中田の不安要素はピッチングのモーションが大きいので、日ハムが森本や田中賢の出塁で機動力を生かす攻撃をすれば崩れる確率が高くなります。

クライマックスシリーズで出場していた阪神、巨人は機動力をごく一部しか使わないチームなので塁に出た選手が中田にプレッシャーを与えられなかったのが敗因でしたね。


2つ勝つ可能性を持っているので、このシリーズでの中田のピッチングを期待してみてみたいです。

posted by パンチ at 20:25 | Comment(0) | 2007日本シリーズ


sponsord link