[sponsord link]

2008年03月17日

唐川好投!1回を無安打2三振

高卒BIG3のひとりロッテの唐川侑己投手が横浜とのオープン戦に先発。

1回だけでしたが、結果は仁志と石井琢のベテランを2三振という好投。


BIG3の中でこれまで話題が薄かったのですが、唐川の話題がこんなに早く出てくるのはうれしいことです。


そもそもまだ高校生

中田の長打力と由規の球速と他の二人の個性がありすぎなんですよ。


ゆったりとしたフォームから

ゆったりと腕を振る

しかし、球は速い!


これぞ唐川の真骨頂。

これが唐川の長所ではありますが、短所でもあるのです。

ランナーをいるときには投球動作を早くしなければいけないので、
セットポジションでの投球に課題が残ります。


開幕を直前に控えたこの時期に先発で起用されながら1回で降板したところをみると、恐らく今日は開幕1軍のテストではなくバレンタイン監督が直接見てみたかったんでしょう。

今日の起用法で唐川を先発で起用していくでしょう。


それにしても・・・

今日NHKのスポーツニュースで伊東前西武監督がロッテを1位に予想していましたが、その要因が投手陣

小林宏
成瀬
清水
久保
渡辺俊
小野

ロッテの先発投手は凄いな〜
二桁勝てそうな選手がゴロゴロいるじゃないですか。

この選手層じゃ唐川もそうですが昨年入った大嶺もなかなかチャンスが回ってこないですわ。。。


ま、唐川・大嶺の出番はのんびりと待つとしましょう。


東武の広告
※画像は船橋駅で撮った東武の広告です。

posted by パンチ at 00:38 | Comment(0) | 2007ドラフト選手

2008年03月14日

高卒ルーキー急がば回れ〜自信=活躍〜

開幕を控え各チーム開幕1軍へのふるい落としのピークが今です。


そんな中・・・


北海道日本ハムファイターズの中田翔選手
東京ヤクルトスワローズの由規投手

残念ながら高卒期待のルーキー二人が揃って2軍へ降格に。


2人の力はすでに1軍でも十分活躍できる力を持っていると信じています。


昨年の楽天田中将大も4月18日のソフトバンク戦で無死満塁のピンチから後続を抑えてプロでやれる自信がついたと言うように、きっかけがあればすぐにでも上がってくることができるでしょう。

ただ、それは自分の力で打ったり抑えたりで掴むものなので2人にはがんばって下さいというエールしかできません。


自信を失いかけてた中田はファームの試合で久々の一発を放ったことで、2軍レベルでは問題ないことを証明したので、もう一度自信をつけてはやいうちに1軍へ戻ってきて欲しいものです。



中田と何かと比較される清原の1年目は

打率.304
ホームラン31本
打点78

やっぱ凄かったんですね〜

20年以上経つのにいまだ現役ですから、タイトルは獲ってませんが第一線で活躍しているのは凄いことですね。


現ヤンキースの松井秀喜も開幕してから1ヵ月程経った時期にデビューしましたからね。

あせらずやりましょう。


お互い、出番のチャンスが少ないチームではないので、プロでやれる自信が出てくれば間違いなく活躍できることでしょう。

posted by パンチ at 01:10 | Comment(0) | 2007ドラフト選手

2007年11月20日

大学・社会人ドラフト〜愛知工大長谷部楽天へ〜

星野JAPANのメンバーにも選ばれた愛知工業大学の長谷部康平投手を5球団の抽選の結果、楽天が指名権を獲得。


今年の大学・社会人ドラフトは西武の裏金問題やら援助金などの不正がなくなるようにと例年と違い希望枠が廃止されて行われました。

大場投手が6球団、愛知工業大学の長谷部投手が5球団

長谷部は代表で左の中継ぎの起用をされていますが、恐らく楽天でも中継ぎとして起用されることと思います。


それにしても楽天は抽選強いな〜


一昨年の報徳学園の片山、去年の駒大苫小牧の田中、今回の長谷部。

それだけに地元の仙台育英の佐藤由規投手が獲れなかったのは残念でしたが。。。


岩隈、田中、一場はもちろん朝井や青山といった面白い若手投手もいるし楽天も計算できるピッチャーの数が揃ってきましたね。

今回の長谷部獲得は左ピッチャーが少なかっただけにいい補強をしましたね。

片山投手が来期活躍すればかなりいいところまで行くんじゃないかな?

posted by パンチ at 02:38 | Comment(0) | 2007ドラフト選手

大学・社会人ドラフト〜東洋大大場ソフトバンクへ〜

今年の大学生・社会人ドラフトの最大の目玉東洋大学の大場投手が6球団の抽選でソフトバンク王監督が見事引き当てました。


ソフトバンクは先発陣が豊富で必要ないじゃんと思いますが、怪我などで毎年安定した成績を残せる投手が少なく、これまでに大きな怪我がなかった大場を先発投手陣の刺激にしたいと王監督は言っていました。

このドラフトでソフトバンクはまた選手層を厚くしましたね。


大場投手は千葉の八千代松陰高校から東洋大学へ進学。

私の印象はストレートとスライダーで組み立てる右の本格派というイメージで、コントロール、スタミナもあり何よりストレートの球威が1番の魅力だと思っております。

昨年の横浜へ希望枠で入団した高崎健太郎投手も球威があるとおもっていましたが今年は活躍できなかったので来年以降に期待はしています。


八千代松陰高校といえば日ハムのドラフト1位多田野投手も同校の先輩にあたります。

スポーツではどの競技も市立船橋高校に並んで県内トップレベルを誇る名門校です。

甲子園へも春夏1回ずつ出場している県内では強豪校です。
そのうち夏の甲子園の1回は多田野が3年生のときに出場した時です。

多田野は松坂世代で県内ではミスターゼロと呼ばれる屈指の投手として甲子園に出場したものの1回戦でPL学園とあたってしまい途中まではいい勝負していましたが、全国の名門の壁に跳ね返されました。

右の本格派ですが全身をダイナミックに使って投げるタイプではなく、大場同様ストレートとスライダーのコンビネーションを駆使して投げるタイプですが、高校時代から抜群にコントロールはよかった記憶があります。

私の2コ下ですが、多田野と対戦したことはなかったかな?

大場はもちろんですが、多田野は日ハムに入団するかどうかわかりませんが、同郷の選手として2人にはがんばって欲しいです。

posted by パンチ at 02:12 | Comment(0) | 2007ドラフト選手


sponsord link