[sponsord link]

2008年02月18日

イスンヨプが日本野球を変える!

巨人の李(イスンヨプ)がオリンピック韓国代表のキャプテンに要請されました。


アジア新記録の56本のホームラン記録を引っさげて、メジャーリーグに挑戦したものの、獲得する球団がなく渋々千葉ロッテに入団。

ロッテに来た当初は、バレンタイン監督の日替わり打線やインコース高めの速い球のウィークポイントを徹底的に攻められ苦労したが、阪神との日本シリーズできっかけをつかみ3本塁打。

もともと変化球には強かったのでインハイの直球の弱点を克服したことで余裕が生まれ、移籍先の巨人で堂々の4番を任されるほどです。


巨人の4番を打つだけで嫌われる世界で、
私の周りにイスンヨプが嫌いという人はほとんどいません。

メジャーリーグへの夢はまだ持っているはずですが、今の彼は野球人として自分を成長させてくれる舞台の方を優先しているようなところが好感を持てるからでしょう。

一流選手でもないのに日本人選手でメジャー挑戦を口にする多く選手がいますが、そういう日本人選手だったら間違いなく私はイスンヨプを応援します。

日本人選手がメジャー流出する問題の糸口はイスンヨプは見つけてくれたのかもしれませんね。



星野監督率いる日本代表は、昨年のオリンピック予選では辛くも勝利しましたが、韓国代表にイスンヨプがいなかったのも勝因のひとつと言えるでしょうし、強い韓国代表があってのあれだけ興奮した試合になったと思います。

まずはレベルアップした韓国代表にはオリンピック予選を勝ち抜いてもらいましょう。

イスンヨプを加え、さらに強くなった韓国代表とまた、国と国の迫力ある試合が見れるでしょう。


韓国とは今後もアジア同士のいいライバルとして野球レベルを上げていってもらいたいものです。

日本野球と韓国野球の架け橋をイスンヨプがしているのかもしれませんね。

posted by パンチ at 02:46 | Comment(1) | 北京オリンピック情報

2007年12月04日

日本代表北京オリンピック出場!

やりました〜!!

オリンピック日本代表。台湾を破り3連勝でオリンピック出場。

ダルビッシュが逆転2ラン打たれたときは完全にフリーズしてしまいましたが、
その裏サブローのスクイズを皮切りにすぐに逆転。

結局10-2の圧勝でオリンピックの切符を手に入れました。


それより・・・

テレビ中継の解説で古田敦也が出ていましたが、
日本チームが優勢になるたび「おっけい〜」「よっしゃ〜」などベンチにいるときの声のように熱くなっていたのが印象的でした。

日本の解説者は冷静に発言することが多く上から話しているイメージがありましたが、
解説と言うよりファン目線で発言していたのはかなり好感を持てましたね。

古田監督がやめた時は、ひとつの時代が終わったとは思いましたが、
テレビに出てこういう形で表現するのも面白いですね。


これから古田敦也の動向は見逃せないですね。
タグ:古田敦也

posted by パンチ at 18:19 | Comment(0) | 北京オリンピック情報

2007年12月02日

日本代表韓国代表を破る!!

いや〜

星野JAPAN日本代表。ヒヤヒヤしましたね〜

韓国相手にある程度は接戦になるとは思いましたが、ここまで接近するとは・・・

初回点数取られて嫌な予感がしましたが、
2アウト3塁の場面で8番千葉ロッテのサブローがきれいに三遊間を破るクリーンヒット!

ロッテで4番を打っているとはいえサブローのイメージはあまり無かったのですが、走守はもちろん、勝負強くかつつなげるいい選手ですね。

個人的に藤川を見たかったので岩瀬は引っ張りすぎの気がしましたが、
勝ったので良しとしましょう。


韓国野球の習慣なのか中軸のバッターでもインコースをよけないで逆にぶつかりにいったのは興味深かったですね。

やっぱ3番青木はちょっと荷が重いですね。
普段は1番打っているので昨日今日見る限り、振りが大きくなっているような気がしました。

すべては明日決まるので台湾戦がんばってください。

posted by パンチ at 23:52 | Comment(0) | 北京オリンピック情報


sponsord link