[sponsord link]

2008年04月20日

村中警戒令発動!!

調子の良いチームでも負けることはあります。

昨日はヤクルトの村中に完全にやられました。
阪神が村中から打ったヒットは関本が2本だけとあわやノーヒットノーランをされるところでした。

阪神打線は今年も球威のあるピッチャーに弱いのは相変わらずでした。


まぁ、村中が良かったんでしょう。

村中は早くも2勝してますが中日と阪神相手というのが評価できますね。

石井一久の若いときや井川のように球威のある先発左投手はセ・リーグではなかなかいないので、今後、阪神に限らずセ・リーグ各球団は村中に攻略に手こずりそうですね。

阪神には同じく岩田が期待されていますが、
昨日を見る限り村中の方が力は上の気がします・・・


そういえば、

村中と同期で巨人の辻内ってどうなったのかな?
彼も左の球威のある球を投げるピッチャーだったんだけど。

他にも楽天の片山・日ハムの陽・西武の銀次郎・中日の平田・横浜の山口とこの世代は期待しているんですよね。



4月19日の鳥谷
3打数無安打1四球

左の勢いのあるピッチャーで初対戦なので仕方ないでしょう。

posted by パンチ at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008セ・リーグ

2008年04月18日

投も打も守も走もまったく機能していない伝統あるチーム

阪神の試合が雨で順延だったので巨人の話を。


巨人×中日の3連戦
高橋由伸のホームランの1点をなんとか守りきり3連敗は死守しました。


この3連戦を振り返って、先日の東京ドームでの高橋・亀井・小笠原の3連発が遠い昔のように中日には効果がありませんでしたね。

1点をグライシンガーから8回途中からクルーンと4月では考えづらい必死の投手リレー
クルーンが一時帰国する理由があったとしても巨人はこういう勝ち方しかできないんでしょうか?


巨人は中継ぎと守備力が不安定なので中盤まで接戦に持ち込めば、守備交代もできないし、先発より力が衰える中継ぎを攻略しやすいので勝機が見えてくるといったパターンで負けるケースが多いですね。


また、巨人の不調はなんと言っても打線がなかなか浮上してこないことです。

特に内野手
今日のスタメンはセカンドゴンザレスにサード古城
今年活躍している坂本がいなかったらどうなってたか恐ろしいです。

二岡と李スンヨプが抜けただけで、そんなにも戦力が衰えてくるものでしょうか?

古城を出すのはまだ許せますが、いまさらゴンザレスを使う意味がわかりません。
(個人的に知り合いの岩舘を使って欲しいんですが…)


李スンヨプが抜けた5番6番の打順を打てる選手が見当たらないのは確かですが、ゴンザレスが大活躍して巨人が勝つような試合って果たしてあるんでしょうか?

だったら若手を起用して育てた方がファンは納得するのでは?


原監督は高橋由伸1番に強いこだわりがあるんでしょうか?

明らかにランナーなしで高橋由伸に回ってくるケースが多く、例えば2死ランナーなしでヒットを打ったとしても盗塁して次の亀井の連打で1点なんてありえないので好き勝手に打つしかない状況。

結果、ホームランは多いが打率がよくなく1番で孤立してしまっている気がします。

高橋由伸を3番か5番に戻せばゴンザレスなんか出さずに打線のバランスがよくなるでしょう。


高橋の1番起用は苦肉の策だった気がするんですが…



何もかもがちぐはぐで今の巨人は重傷ですね。

二岡・李スンヨプが戻ってくるまで待つしかないのかな?

posted by パンチ at 01:45 | Comment(2) | TrackBack(1) | 2008セ・リーグ

2008年04月07日

巨人の体質改善できうる選手

昨日の巨人×阪神3回戦
9-1と巨人が圧勝!

阪神を苦手にしていた木佐貫の快投
打線が活発になってきたこと
坂本の満塁ホームラン

などと巨人にとっては今後の試合に向けていい波ができた大きな1勝です。


チーム・ファンが期待する2年目の坂本勇人選手

開幕当初は波に乗れず、守備のミスもあったんですが、慣れてきたんでしょうか?

阪神戦になって打ち出してきました。
一生懸命プレーする姿が好感が持てます。

巨人には怪我で戦列を離れている巨人不動のショート二岡という選手がいますが、二岡が戻ってきてすぐに坂本をセカンドで起用するのかどうするんでしょう?


まぁ巨人の特に野手の場合、ポジションを競争で「奪う」のではなく期待する有力選手に「与える」という言いかたが合っています。

なので、

期待されている今、坂本にはがんばってもらい、
二岡を押しのけてショートのポジションを奪い、
あまり変えたがらない保守的な巨人の体質を変えて欲しいものです。


これが2,3年先になった時は「坂本勇人」という選手は完全に埋もれてたでしょうね。
タグ:坂本勇人

posted by パンチ at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008セ・リーグ

2008年03月30日

ヤクルト因縁の相手に開幕2連勝!

東京ダービーヤクルト×巨人戦

今日も面白い試合を見せてくれましたね〜


私が今年最も期待する高卒3年目の村中恭兵投手が開幕2戦目で早くも出てきましたが、緊張のせいか1回大乱調で3失点。

今日はダメかな?

と思ったらグライシンガー相手にヤクルト打線がコツコツ反撃をしてきて5回に同点に。


村中も4回までしか投げてませんが2回以降は立ち直り、次に期待できる内容で次回の登板が楽しみです。


昨日のブログで今年のヤクルトがやりそうなのは伝えましたが、
さらに、打撃陣でセカンドの田中浩康と2年目のガイエルがかなりやりそうな予感です。


特に、田中は昨年の開幕は絶不調でまったくヒットを打てないながらも終わってみれば打率.295でセカンドのベストナインを獲得。

今年は昨年とは逆で開幕から絶好調。

覚醒モードでもしかしたら、首位打者獲るんじゃないかと思わせるぐらいの勢いです。



明日はルーキーの加藤が投げるようなので、
明日も巨人に勝って下馬評の低いセ・リーグをかき回して欲しいです。


ただ・・・

五十嵐亮太が肉離れで離脱とは・・・

久々の実戦と開幕戦という雰囲気でがんばりすぎちゃったかな?

ヤクルト浮上には彼の復帰が不可欠ですので、1日でも早い復帰を願います。



・・・

最近はなんだかヤクルトファンみたいです。

posted by パンチ at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008セ・リーグ

2008年03月29日

セ・リーグ開幕!ヤクルト強いぞ。

いよいよセ・リーグが開幕しました。


今日の注目ゲームはヤクルト×巨人戦

結果は

ヤクルト6-2巨人

昨年最下位だったヤクルトのエースグライシンガーと主砲ラミレスを巨人に奪われどうなることかと思いましたが、初陣を飾りましたね。


2回にヤクルト石川がラミレスに打たれたのは残念ですが、
ラミレスが抜けた攻撃は積極走塁で今年のヤクルトの野球を垣間見ることができました。

巨人のレフトラミレスへ打球が飛ぶとランナーは浅いあたりでも次のベースを陥れてました。


ヤクルトの投手陣も結構やりそうですね。

昨年、崩壊していた中継ぎ・抑えのポジション
今日は8回韓国から移籍した林昌勇、9回復活した五十嵐亮太が投げました。

林昌勇はかなりやりそうですね。
五十嵐は久々の出番で緊張のせいか球にばらつきはあったものの、球威は相変わらず力強い。
さらに、石井弘寿も今年中に復活予定
頼りっきりだった木田への負担がかなり軽くなるので木田もやってくれるでしょう。

となると、

中継ぎ・抑えはJFKの阪神並みに充実してくることになります。


あとは先発投手陣

私が今年、最も期待する村中に昨年入団した増渕
今年入団した加藤と由規

他にも若手で出てきそうなピッチャーが何人かいるので、
ローテーションは回せていけそうです。


今年のヤクルトは強そうだな〜

posted by パンチ at 02:51 | Comment(2) | TrackBack(1) | 2008セ・リーグ


sponsord link